科目名 アニメーション表現特論演習II(Seminar in Expression of Animation II)
担当教員 木船 園子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 デジタル技術を使用した各種映像表現を解説し、その技術を生かしたアニメーション作品の制作およびプレゼンテーションの指導をおこなう。
到達目標 コンセプトと表現技術の関係性を理解し、自らの企画に基づくアニメーション作品を完成させることができる。同時に、企画や成果物のプレゼンテーション技法も身につけ、応用することができる。
授業内容 自己の研究テーマに基づくオリジナルアニメーションを企画し完成させるプロセスを指導する。
プレゼンテーションにより企画、途中経過報告、成果発表を行う。
研究テーマに関連する文献や映像資料を調査し、作品に反映させる。
作品制作上の問題点を、制作途中の経過報告で明らかにさせ、指導の中で解決方法を提示する。
授業計画 前期
(1)企画・研究テーマプレゼンテーション
(2)プロット・イメージボード・設定プラン
(3)ビデオコンテ1
(4)ビデオコンテ2
(5)中間報告1 ビデオコンテ・イメージボード・設定
(6)ビデオコンテ3/香盤表・進行表
(7)レイアウト・ラフ作画、モーション作業1
(8)レイアウト・ラフ作画、モーション作業2
(9)レイアウト・ラフ作画、モーション作業3
(10)中間報告2 LO(背景原図)・ラフ作画 チェックムービー
(11)先行カット制作1
(12)先行カット制作2
(13)中間報告3
(14)全体中間報告/制作・研究プレゼンテーション
(15)制作作業

後期
(1)制作作業 
(2)中間報告4
(3)仕上げ作業1
(4)仕上げ作業2 
(5)仕上げ作業3
(6)カッティング試写・講評
(7)編集・サウンド作業1
(8)編集・サウンド作業2
(9)編集・サウンド作業3
(10)試写・講評
(11)ブラッシュアップ
(12)ブラッシュアップ
(13)制作・研究発表プレゼンテーション
(14)初号完成試写・講評
(15)提出・最終講評
履修上の注意 アニメーションメディア領域の院生が履修可能。
授業開始までに制作に必要な資料や下調べを進め、制作方法など考察し
作品制作の企画・研究プレゼンテーションの準備しておくこと。
制作においては計画的に作業を進め作品を完成させること。 
準備学習(予習,復習について) 自己の持つ表現スキルを生かし、さらに表現を豊かにするための研究を常に行いながら作品制作に向かうこと。
試験方法 完成した作品の発表プレゼンテーションと質疑応答を行う。 
成績評価方法 提出作品の完成度、内容、受講時における制作プロセスの状況から評価する。 
教科書等 必要に応じ適宜提示する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/551050.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}