科目名 ゲーム学特論(Advanced Lectures on Game Studies)
担当教員 岩谷 徹
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 ゲーム学の諸領域を対象として、その基本的な概念について学ぶ。
到達目標 ゲームへの理解を深め、ゲーム学の基本概念について説明できる。
授業内容 *科目概要参照
授業計画  1.ガイダンス、授業内容の趣旨説明と運営方法
 2.エンターテインメントとしてのゲーム
 3.ゲーム概史とゲーム産業
 4.ゲームの基本構成と技術進化
 5.ゲームにおけるルールの存在
 6.観察、分析、考察、仮説、実行、評価の解説
 7.遊びと人間の欲求
 8.コンセプトワークとアイデア
 9.企画書作成
10.企画・デザイン・プログラムとの融合
11.ディレクションすること
12.プロデュースすること 
13.制作:プロジェクト開発と運営
14.知的所有権。社会生活への拡張
15. まとめと小テスト
履修上の注意 ゲーム全般に関する基礎知識の習得をテーマとするため、幅広い領域の科目を同時履修することをすすめる。

準備学習(予習,復習について) 教科書に沿った内容の授業であるので教科書を読むことによる予習。授業内容をよくノートにまとめ、見直すことによる復習をすること。
試験方法 期末テストは行わない。授業内での理解力調査小テストを行う。
成績評価方法 全体を100点として、評価する。
(1)理解力調査小テストの実施(15点×1回)
(2)企画書作成(15点×1回)
(3)課題レポート提出(10点×1回)
(4)コメントペーパー提出(10点×1回)
(5)平常点(50点)
(6)出席が2/3に満たない場合は、単位認定はしない。

教科書等 教科書:岩谷徹「パックマンのゲーム学入門」(エンターブレイン社)1500円+税
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/571000.pdf}