科目名 ゲームシステム特論(Advanced Lectures on Gaming Systems)
担当教員 今給黎 隆
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 スマートフォン、SNSの登場によりゲーム業界に新しい流れが生じている。
本講座では、新旧のゲーム及びゲームシステムを検証し、今後のゲームがどのように変わるのかを特別講師を交えながらテーマごとにディスカッションする。
到達目標 今後のゲーム及びゲーム業界の流れを俯瞰視点で観察でき、研究結果をプレゼンテーションすることができる。
授業内容 提示される研究テーマに関して、講義内容を基に、調査・研究を行い、レポート及びプレゼンテーションとしてまとめる。成果物について順番で発表し、それぞれの内容についてディスカッションを行う。テーマにより特別講師を招く場合がある。
授業計画 (1)ガイダンス
 (2)テーマ:「東京ゲームショウの調査」(1)
 (3)テーマ:「東京ゲームショウの調査」(2)
 (4)テーマ:「ゲーム業界の研究」(1)
 (5)テーマ:「ゲーム業界の研究」(2)
 (6)テーマ:「ゲーム開発手法の研究」(1)
 (7)テーマ:「ゲーム開発手法の研究」(2)
 (8)テーマ:「ゲーミングプラットフォームの研究」(1)
 (9)テーマ:「ゲーミングプラットフォームの研究」(2)
(10)テーマ:「モバイルゲームの研究」(1)
(11)テーマ:「モバイルゲームの研究」(2)
(12)テーマ:「VR・ARゲームの研究」(1)
(13)テーマ:「VR・ARゲームの研究」(2)
(14)テーマ:「これからのゲームについて」(1)
(15)テーマ:「これからのゲームについて」(2)
履修上の注意 ディスカッションするので、自分の考えや意見が発言できること。
準備学習(予習,復習について) 各テーマに関連する書籍を事前に読むこと。
試験方法 定期試験は行わない。
成績評価方法 【成績評価対象と基準】
全体を100点とし、評価する。
(1)レポート(4点×7回=28点)
(2)プレゼンテーション(4点×7回=28点)
(3)平常点(44点)
(4)出席が2/3に満たない場合は、単位認定はしない。
教科書等 特になし
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/571040.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}