科目名 ゲーム学特論演習(Seminar in Game Studies)
担当教員 岩谷 徹
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 「ゲームの可能性」をテーマにゲーム学として体系化することを目標とし、社会に役立つゲームの活用など今後も広がり続けるゲームの可能性を探る。
到達目標 幅広い領域の知識や技術が混在するゲームを遊びとしての観点からゲーム学として研究し、更には各人のテーマに沿って「社会・人にとってのゲーム」を総括的に探究し、シリアスゲームに関しても制作・研究も行い、1、2年次の特別研究に活かせる技術と知識を身につけ、応用することができる。
授業内容 *科目概要参照
授業計画  1.ガイダンス、演習内容の趣旨説明
 2.ゲームの基本構成
 3.コンセプトワークとアイデア
 4.ゲームにおけるルール
 5.企画における技術
 6.テーマの設定
 7.観察→仮説のための課外活動
 8.課題制作1
 9.課題制作2
10.課題制作3
11.課題制作4
12.ディレクション評価
13.プロデュース評価
14.ディスカッション
15.最終発表と講評

履修上の注意 【履修対象者】
ゲームメディア領域所属に限る。
「ゲーム学特論」の単位取得者に限る。
【履修上の注意】
学外に出てあらゆることを実体験することをすすめる。
準備学習(予習,復習について) 自発的な活動と取り組みが必要である。
試験方法 定期試験は行わない。
成績評価方法 【成績評価対象と評価基準】
課題への取り組み方、深く考えたか。
成果物とプレゼンテーションにより総合評価する。
教科書等 特になし、授業内で適宜指示する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/571060.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}