科目名 ゲーム映像特論演習(Seminar in Game Graphics)
担当教員 中島 信貴
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 「ゲーム映像特論」において各自定めた研究テーマを実証するための作品制作を行う。
あわせて、制作に必要なコアテクノロジー、表現手法を研究する。
到達目標 ゲーム映像の未来予測をビジュアライズするためのスキルを習得し、映像作品を制作できる。
授業内容 科目概要を参照のこと  
授業計画 1.  ガイダンス 
2.  演習テーマ発表とディスカッション
3. 要素技術の調査
4. 要素技術の研究1
5. テーマに沿った制作1 
6. テーマに沿った制作2
7. テーマに沿った制作3
8. 中間発表とディスカッション
9. 要素技術の追加調査・研究
10. テーマに沿った制作4
11. テーマに沿った制作5
12. テーマに沿った制作6
13. テーマに沿った制作7
14. テーマに沿った制作8
15. 最終発表と講評
履修上の注意 ゲーム映像特論の単位取得者に限る。また、Mayaなど3DCGツールとAfterEffectsなど映像編集ツールの基本スキルを持っていることが前提
準備学習(予習,復習について) 演習の実施に必要な情報は、授業前に収集しておくこと。
授業時間外に情報収集、必要技術スキルの自習を要する  
試験方法 無し
成績評価方法 平常点、中間成果物、最終作品から総合的に判断する。
教科書等 特に無し。 適宜テキストを配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/571080.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}