科目名 ゲームシステム特論演習(Seminar in Gaming Systems)
担当教員 今給黎 隆
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 ゲームエンジンとして注目を浴びているUnityを使用しゲームを制作する。ゲーム制作の過程を通してUnityの操作、Unityのゲームシステムの特徴を学ぶ。
到達目標 Unityの基本機能を習得し、WindowsおよびAndroid上で動作するプロトタイプレベルのゲームを制作することができる。
授業内容 教科書と配布資料を参考にしながらUnityの基礎とゲームプログラミングを指導する。
授業計画  1.ガイダンス
 2.ゲーム作りの準備
 3.プログラミングの基礎
 4.オブジェクトの配置や動かし方
 5.UI
 6.オブジェクト設計とあたり判定
 7.物理とアニメーション
 8.3Dゲームの作り方
 9.レベルデザイン
10.応用技術(1)
11.応用技術(2)
12.課題制作(1)
13.課題制作(2)
14.課題制作(3)
15.課題制作(4)
履修上の注意 プログラムの基礎は習得済みであること。
準備学習(予習,復習について) 各自の制作進行に合わせて、演習日以前、以後に、資料の整理、制作を各自行うこと。
試験方法 定期試験は行わない。
成績評価方法  【成績評価対象と基準】
全体を100点とし、評価する。
(1)課題作品(60点)
(2)平常点(40点)
(3)出席が2/3に満たない場合は、単位認定はしない。
教科書等 北村 愛実「Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 」(SBクリエイティブ)2580円+税(ISBN:978-4-7973-8679-0)
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/571100.pdf}