科目名 芸術史特論演習I(Special Seminar in Art History I)
担当教員 大久保 範子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 この授業は、文化的な流行や時代によって異なる物事の捉え方が、作品にどのような影響を与え、独特の表現へと結びついていったのかについて取り上げます。様々な浮世絵の作品だけでなく、浮世絵の影響を受けた「ジャポニスム」や「印象派」にも焦点を当て、日本美術の特質を様々な角度から考察します。
到達目標 近世日本美術の作品の特徴や種類、流派による違いなどの特徴を理解し、説明できる。
浮世絵の画題による描かれ方の違いについて、その特徴や背景を理解し、説明できる。
浮世絵の時代による描かれ方の違いについて、その特徴や背景を理解し、説明できる。
西洋画的遠近法と大和絵的遠近法の違いを説明できる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 (1)ガイダンスとイントロダクション
(2)近世に至るまでの日本美術の流れ
(3)日本美術の遊び心
(4)階級社会と美術作品
(5)浮世絵の誕生と錦絵
(6)カッコよく描く!役者絵
(7)理想の美を描く!美人画
(8)力強く描く!相撲絵
(9)妄想を描く!春画
(10)江戸のユーモア!遊び絵と黄表紙
(11)ハットさせる遠近感!名所絵と風景画
(12)西洋画的遠近法(透視図法・線遠近法)と大和絵的遠近法(平行遠近法・面遠近法)
(13)北斎・広重の遠近法
(14)ジャポニスム、印象派と浮世絵
(15)まとめ
履修上の注意 毎回異なる切り口の授業を行うので、必ず1回目から授業に参加してください。欠席したときの授業内容を自力で補うことはできません。日本美術において、作家がどのように制作に向き合ってきたのかについて取り上げるので、作品づくりをする受講生には興味が尽きない授業だと思います。
芸術学部の全学科において、作品制作のために役立つヒントや示唆を発見できると思います。
準備学習(予習,復習について) 予習は必要ありません。基礎から丁寧に説明しますので、復習に力を入れてください。
復習は、図書館で調べたり、インターネットなどで、授業内容に則して、正しい情報だけを検索してください。相違点、疑問点を発見したら、次の授業で必ず質問しましょう。質問は何でも受けます。
また、美術館や博物館で行われている展覧会や寺社に積極的に足を運び、本物の作品をたくさん鑑賞するようにしてください。
試験方法 定期試験はありません。評価は、授業での「質問」を重視します。鑑賞を通じて自分の好きな作品を見つけ、たくさん素朴な疑問を持ってください。レポート提出、作品制作を課題にする場合もあります。  
成績評価方法 平常点評価(100%に換算)<授業中の発言、質問、ミニレポート、プレゼンテーションを通して、授業内容に対する理解度、関心度などを、総合的に判断する。>
積極的な授業参加を評価します。
教科書等 パワーポイントを使って作品等を紹介します。
教科書は使いません。必要に応じてプリントを配布します。
ただし、欠席した授業のプリントを見ただけでは理解できません。必ず授業を受けてください。  
備考 浮世絵を中心に、日本美術の作品を取り上げます。
美術館や博物館での展覧会など、実際の作品を見に行くのが好きな人には、面白くて、楽しい授業です。


ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/581010.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}