科目名 映画制作研究(Study of film-making)
担当教員 山川 直人
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期~後期
科目概要 作品研究を中心に、映画制作の知識、技術を分析する。また商業映画の持つ産業的な側面も考察していく。作品研究で取り上げる作品は、受講者の研究志向とすり合わせて決定する。
到達目標 映画の物語構造を理解しながら、演出テクニックを作品制作に応用できる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 前期
1 作品研究Ⅰ(『チート』)
2 作品研究Ⅱ(『イントレランス』)
3 作品研究Ⅲ(『グリード』)
4 作品研究Ⅳ(『鉄路の白薔薇』)
5 作品研究Ⅴ(『ニーベルンゲン』)
6 作品研究Ⅵ(『ボルシェヴィキの国におけるウエスト氏の異常な冒険』)
7 作品研究Ⅶ(『聖ペテルスブルグの最後』)
8 作品研究Ⅷ(『ストライキ』)
9 作品研究Ⅸ(『アルセナール』)
10 作品研究Ⅹ(『アイアン・ホース』)
11 作品研究ⅩⅠ(『雲晴れて愛は輝く』)
12 作品研究ⅩⅡ(『アッシャー家の末裔』)
13 作品研究ⅩⅢ(『パッション』)
14 作品研究ⅩⅣ(『サンライズ』)
15 作品研究ⅩⅤ(『パンドラの箱』)
後期
1 作品研究Ⅰ(『『霊魂の不滅』』)
2 作品研究Ⅱ(『サタンの書の数ページ』)
3 作品研究Ⅲ(『女優ナナ』)
4 作品研究Ⅳ(『イタリアの麦藁帽子』)
5 作品研究Ⅴ(『女郎蜘蛛』)
6 作品研究Ⅵ(『キートン将軍』)
7 作品研究Ⅶ(『黄金狂時代』)
8 作品研究Ⅷ(『アラン』)
9 作品研究Ⅸ(『下宿人』)
10 作品研究Ⅹ(『紐育の波止場』)
11 作品研究ⅩⅠ(『バグダッドの盗賊』)
12 作品研究ⅩⅡ(『ハレルヤ』)
13 作品研究ⅩⅢ(『トップ・ハット』)
14 作品研究ⅩⅣ(『四十二番街』)
15 作品研究ⅩⅤ(『上海から来た女』)
履修上の注意 毎回1本の作品を見るので遅刻厳禁です。
準備学習(予習,復習について) 作品研究で取り上げる作品のシナリオが公開されている場合は、映画を見たらシナリオを読んでください。
試験方法 レポート提出によります。
成績評価方法 レポートの内容で評価します。
教科書等 特にありません。
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/591020.pdf}