科目名 ゲーム表現研究(Study of Game Expression)
担当教員 岩谷 徹
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 人間の営みである遊びに包含されたゲームの表現について探究し、それを普遍的な形で捉える方法を模索する。
到達目標 ゲーム表現に関する独自の視点と知見を充実させ、人間の心とゲームとの相互関係を論文あるいは作品にすることができる。
授業内容 *科目概要参照
授業計画 1.ガイダンス
2.ゲーム表現-情報調査1
3.ゲーム表現-情報調査2
4.ゲーム表現-資料調査
5.ゲーム表現-文献調査
6.メディアアートの表現調査-資料
7.メディアアートの表現調査-文献
8.ゲーム表現と技術1
9.ゲーム表現と技術2
10.ゲーム表現-構成1
11.ゲーム表現-構成2
12.ゲーム表現-演出1
13.ゲーム表現-演出2
14.ディスカッション
15.まとめ
履修上の注意 担当教員によって集中講義となる場合もある。
文献、論文等で日本語能力を要する。
準備学習(予習,復習について) 自発的な事前情報収集と調査活動が必要である。
試験方法 定期試験は行わない。
成績評価方法 【成績評価対象と評価基準】
課題への取り組み方、工程管理を行ったか、深く考えたか。
成果物及び出席から総合評価する。
教科書等 適宜指定する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/591140.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}