科目名 3DCG工房(3DCG Studio)
担当教員 荻野 展生
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 3DCGはTV、ゲームなどエンターテイメント分野やインダストリアルデザインなど工業分野に至るまで多岐に渡り用いられている。本講義では3DCG用ソフトウェア「MAYA」を使用し、作品制作を通じて各工程を理解しながら、3DCGを用いた造形やアニメーションの基礎的素養を身につける。また修了課題として授業内で習得した事を応用し、作品制作やテストデータを作成し最終日に提出と講評を行う。
到達目標 3DCG制作の各工程、モデリング、レンダリング、アニメーションなどについて説明ができ、またそれらを踏まえた3DCG作品を制作することができる。
授業内容 演習を通じて「MAYA」を習得し、単元ごとの成果として作品を制作し提出する。単元は8つを予定しているが作品制作の進行によっては予定を変更することもある。
授業計画 (1)3DCG概論、「MAYA」の基本操作
(2)ワークフローの理解① 簡単な実写合成①
(3)ワークフローの理解② 簡単な実写合成②
(4)アートワーク① 回転体による物品の造形
(5)アートワーク② 質感表現 レンダリング 静物画の完成
(6)CGアニメーション① ポリゴンの基本
(7)CGアニメーション② 「Adobe Photoshop」によるテクスチャリング
(8)CGアニメーション③ 仕上げ
(9)ゲームモデリング① ローポリキャラクターをつくる(模写又はオリジナル)
(10)ゲームモデリング② UV展開~テクスチャリング
(11)ゲームモデリング③ 仕上げ
(12)キャラクターアニメーションの基本
(13)ダイナミクス(物理演算) 物体の衝突
(14)自由作品 制作
(15)自由作品 制作 ~講評
履修上の注意 制作の各工程は関連性があるので遅刻や欠席をしないこと。
準備学習(予習,復習について) 予習は必要としない。但し、講義内容を復習し理解を深めておくこと。
試験方法 講義内での試験は行わない。
成績評価方法 (1) 平常点(出席率を含む):50%
 ・出席が2/3に満たない場合は単位認定はしない。

(2) 課題点:50%
 ・受講成果を単元毎に作品として提出・評価する。
 ・期末には最終単元として自由に作品制作し提出・評価する(必須)。
 ・作品総数が半数に満たない場合は単位認定しない
教科書等 使用しない
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/281032.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}