科目名 写真工房(Photo Studio)
担当教員 矢島 仁
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 写真を写す、各自興味あるテーマで写真を作ってみる体験的授業。
基本的にはデジタルカメラとインクジェットプリンターを使うが、それ以外の方法も、状況が許せば試みてみたい。屋外での撮影、スタジオでの人物ならびに静物や料理の撮りかたの基本を学んだあとは、自主的な撮影とプリントを行う。
到達目標 基本的な写真の撮り方を理解でき,照明の当て方の基礎を実践できるようになる。
授業内容 デジタル一眼レフカメラをベースに写真を撮りながら授業を進めるが、フィルムカメラにも共通するレンズ、絞り、被写界深度,シャッタースピードなどの選定の根拠についても解説をする。
また,照明については屋外自然光の場合と、スタジオでの場合に分けてそれぞれ実践的に学べるようにしたい。
授業計画 1, この授業の目指すもの
2, まず、撮ってみよう
3, 絞りの役割、レンズと撮像サイズ
4, いろいろなカメラ
5, 天気がよければ屋外ポートレート
6, スタジオでのポートレート
7, 課題評価、ポートレート
8, 物撮りのライティング光り物
9, 物撮りのライティング食べ物
10, スタジオ撮影課題
11, 課題評価、物撮り
12, 建築物の撮影
13, 作品制作
14, 仕上げ
15, 総合評価
履修上の注意 履修制限あり。履修要項を参照すること。
準備学習(予習,復習について) 何も知らないレベルを基準に授業を進めるが、図書館などで写真に関する参考書でカメラやレンズのことを予習してもらえれば理解が早く有意義な授業になるだろう。
試験方法 定期試験は行わない。
成績評価方法 各受講者がテーマを決めて作成した3枚以上の写真を評価する。
教科書等 参考書等は授業の中で紹介する。
備考 ・貸し出し用カメラの準備があるので、機材がなくても受講できます。

・別途材料費を徴収する場合があります。
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/601045.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}