科目名 化学A(Chemistry A)
担当教員 松本 里香、武安 弘光
単位数 2
授業区分 学部_選択必修 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 本授業では、工学部の学生として不可欠な化学の基礎知識を習得し、専門分野の学習に活かせるようになることを目指す。化学の基礎とは、「高校化学の確認~大学化学の入門」の範囲を想定しており、「化学A」では無機化学と物理化学を中心に学ぶ。さらに「化学A」の講義内容の理解を深めるために、「化学A演習」において演習を行う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11D.pdf}
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11G.pdf}
到達目標 到達目標は、(1) 原子の電子配置を量子論的な考えによる方法で説明できる、(2) 元素の周期表より元素の性質を推測できる、(3) 化学結合について説明でき、さらに分子や結晶の性質を推測できる、(4) 化学量論計算ができる、(5) 物質の三態や気体の法則を説明できる、である。
授業計画 1. ガイダンス / 物質のなりたち
2. 原子の構造Ⅰ(ボーアモデル)
3. 原子の構造Ⅱ(原子軌道と電子配置)
4. 元素の性質と周期性
5. 化学結合Ⅰ(共有結合)
6. 化学結合Ⅱ(イオンとイオン結合)
7. 有機化合物
8. 前半のまとめと学力考査
9. 化学量
10. 化学反応式
11. 化学反応と量的関係
12. 物質の三態と状態図
13. 気体Ⅰ(気体の法則)
14. 気体Ⅱ(理想気体と実在気体)
15. まとめと学力考査
履修上の注意 「化学A演習」の同時受講を前提としている。
準備学習(予習,復習について) (1) 予習
授業前に講義資料の講義予定箇所を一読しておくこと。
(2) 復習
 講義資料を再読し、理解を深めておくこと。理解できなかった箇所は、その週の内に担当教員または学習支援センターで質問をし、解決しておくこと。「化学A演習」の課題を解けるレベルに達するまで勉強しておくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 中間試験および期末試験の2回の筆記試験により評価する。
配点は中間試験(50%)、期末試験(50%)とする。

試験結果に関しては、成績シートを各自に配布するか、または、口頭等で伝える。
教科書等 市販の教科書を使用せず、講義資料を配布する。
(※学内限定となります。)