科目名 基礎化学(Fundamentals of Chemistry)
担当教員 岡野 光俊
単位数 1
授業区分 学部_選択(基礎・教養) 演習
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】この授業は、生命や環境の問題と結びつけながら、大学で学ぶ化学の基礎部分を十分に理解する授業です。化学の基礎を応用して、身の回りの多くの問題(生命や環境の問題・他)について考える力を養うことを目的とします。
【授業概要】知識・考える力・計算力等を十分に身につけるため、多くの演習を行います(反復学習します)。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 身の回りの現象について、原子分子の立場から考えることができる。基本的な化学の記述を読むことができる。基本的な化学の計算を行うことができる。生命・環境における化学の重要性を説明することができる。
授業計画 1. 元素に注目して世界を見る
2. 原子の構造、物質のなりたち
3. 物質の三態、気体のふるまい
4. 分子の挙動を決めるもの
5. 液体と溶液
6. 反応
7. 酸と塩基
8. 化学反応が示す特徴
9. 有機物の活躍
10. 無機物の活躍
11. エネルギー
12. 熱がかかわる化学とその利用
13. 電気化学とその利用
14. 生命の化学入門
15. 環境の化学入門、まとめと到達度の確認
履修上の注意 毎回教科書と電卓を持参のこと。
授業中は、積極的に発言してほしい。
準備学習(予習,復習について) 次回の授業について、該当する教科書ページを読んでおくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業内に行う小テスト等で評価する。
教科書等 「化学のちから」岡野光俊著 裳華房 2月末出版予定
(※学内限定となります。)