科目名 グラフィックデザイン演習(Graphic Design Seminar)
担当教員 小綿 周平
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 1
開講年度学期 2017年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
・各自の発想や個性の表出を目指す。
・ソフトウェアの操作の習得。
【授業の概要】
デザインに必須のツールであるイラストレーターとフォトショップを用いてグラフィックデザインの実習を行う。
ソフトウェアの説明の後、制作を通して操作方法を習得する。作品の発表の時間を設け、個々の作品のポイントや問題点などを共有してゆき、デザインについて考察する。
<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 ・ソフトウェアの基本操作ができる。
・利点を活かしたソフトウェアの使い分けができる。
・自身の感性による表現ができる。
授業計画 1. ビットマップとベクター、イラストレーターの概要、ワークスペース、ベジェ曲線
2. イラストレーターの操作説明:ツール、パネル、
3. イラストレーターの操作説明:テキスト、メニュー
4. 形状と色、アイデアに関する考察、過去作品の紹介
5. ロゴ・マークの制作:アイデアスケッチ
6. ロゴ・マークの制作:イラストレーターによる作画
7. 発表/講評
8. ビットマップ画像の概要、フォトショップのワークスペース
9. フォトショップの操作説明:ツール、パネル
10. フォトショップの操作説明:メニュー
11. レイアウトに関する考察、過去作品の紹介
12. CDジャケットの制作:アイデアスケッチ
13. CDジャケットの制作:素材の用意、レイアウト
14. CDジャケットの制作:作品のブラッシュアップ
15. 発表/講評
履修上の注意 PC演習室で使用するソフトウエア:イラストレーター・フォトショップ
準備学習(予習,復習について) Windowsの基本操作に不安を感じる場合は別途臨時講習を受けるなどする。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 提出作品に表現された、発想、個性、完成度、及び技術の習熟度により全体を100点として評価。
(1)作品1:ロゴ・マーク(45点)
(2)作品2:CDジャケット(55点)

【課題に対するフィードバック】
課題に対するフィードバックは後続の授業中で適宜に行う。
教科書等 なし
ルーブリックへのリンク http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017/11113.pdf