科目名 メディア画像工学入門(Introduction to Media and Image Technology)
担当教員 陳 軍内田 孝幸
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
メディア画像工学の基礎と応用について講義する。講義内容に即して演習も行なう。
【授業概要】
メディア画像工学は幅広い科学技術を基礎として成り立ち、人類の文化や生活に深いかかわりを持つ写真や印刷、テレビなどの急速な進歩と共に目覚しく発展しつつある。メディア画像工学はメディア画像技術者のみならず、その利用者にとっても重要である。本授業では、画像・映像の入力、通信、記録、表示、印刷などの素養と基礎技術の修得を目的に、基礎から応用までやさしく解説する。 
<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 (1) アナログ画像やディジタル画像の基本概念を理解し説明できる。
(2) 画像の入出力、記録、通信、表示の基本的原理を理解し説明できる。
授業計画 1.メディア画像工学の概要
2.アナログ画像とデジタル画像(画素、画像の標本化と量子化、画像解像度と階調)
3.画像の形成(画像入力機器:レンズによる結像、イメージセンサー、走査と2次元画像
4.デジタル画像データの取扱い(データ配列、ヒストグラム、コントラスト変換、幾何学変換)
5.画像の伝送と通信
6. 画像記録機器の仕組み_その1(情報記録、磁気記録)
7. 画像記録機器の仕組み_その2(光ディスク,フラッシュメモリなど)
8. 画像表示機器_その1(ディスプレイの表示概念(CRT)、画素、走査、解像度(4K, 8Kモニタ))
9. 画像表示機器_その2(液晶、ELディスプレイ) 
10. 立体表示の仕組み_その1(視覚と立体知覚の仕組み)
11. 立体表示の仕組み_その2(立体ディスプレイの原理)
12. 画像操作機器(ボールマウスからLEDマウス、レーザーマウスへ、ゲームスティック
13. 画像印刷
14.メディア画像機器の最新動向
15.まとめと復習  
履修上の注意 メディア画像工学の広い基礎が学べるので、しっかり勉強しよう。 
準備学習(予習,復習について) 予習として、配布プリントを事前に読み、要点や疑問点をノートにまとめる。復習はノートを整理し、要点や疑問点が理解したかチェックしてください。
・各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
全体を100点として評価する。
(1)小テスト、演習課題:30点
(2)定期試験:70点
(3)出席が2/3 に満たない場合は成績評価を行わない。
【課題に対するフィードバック】
小テストや演習課題の成績公開と問題の解説を行なう。
教科書等 教科書:プリント配布
参考書:
 画像工学シリーズ編集委員会編「画像概論Ⅰ」(丸善)2400+税、「画像概論Ⅱ」(丸善)2800+税
「実例でわかるデジタルイメージング」 井上裕夫東陽一著 (日本印刷技術協会)2667+税
(※学内限定となります。)