科目名 コンピュータグラフィックスI(Computer Graphics I)
担当教員 田村 徹
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 2
開講年度学期 2017年度 前期
授業概要・学習成果との関連 「講義目標」
CG制作演習Iで学んでいるモデリング技法の仕組みについて主に講義する。まず2 次元 画像生成について学び、次に 3 次元 CG のモデリング技術について解説する。また、幾何変換、投影変換について学ぶ。3次元CGのモデリング技法の基本を習得することを目標とする。
「講義概要」
ワークノートを配布する。ワークノートにはノートスペースと演習問題があり、ノートスペースに講義の内容をまとめるとともに演習問題を解きながら理解を深める。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 3 次元 CG のモデリング技術について理解する。また、モデリングデータ構造を記述することができ、幾何変換、投影変換について変換過程の記述や計算ができる。
授業計画 1)ガイダンス
2)ディジタル画像とその表現
3)デジタルカメラモデル
4)2次元画像の生成と描画
5)CGにおける座標系
6)2次元座標変換
7)3次元座標変換
8)投影変換(平行投影)
9)投影変換(透視投影)
10)形状モデル
11)ソリッドモデルの表現法
12)ベジェ曲線による表現
13)ポリゴン曲面の表現
14)その他の形状表現法
15)まとめ
履修上の注意 特になし
準備学習(予習,復習について) 教科書の該当部分をあらかじめよく読んでおくこと
講義、教科書を参考に配布したワークノートの演習問題を解き、復習すること


*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15〜30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 定期試験
課題のフィードバックは講義の中でおこなう
教科書等 「コンピュータグラフィックス」 CG-ARTS協会出版 3200円+税
ルーブリックへのリンク http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017/11219.pdf