科目名 映像情報システム(Image Information Systems)
担当教員 森山 剛
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業概要】
本講義では、映像の生成から伝送、記録、加工、再生に至るライフサイクル全般において、映像に係る標準的な技術について学ぶ。
【授業の目的】
信号理論の基礎、アナログ映像及びディジタル映像の生成、コンピュータグラフィクス、色の表現、視覚の性質と立体視、テレビジョン放送、映像符号化の諸技術について、原理とその応用の仕方を理解することを目的とする。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 映像の生成から伝送、記録、加工、再生に至るライフサイクル全般にわたって基本的な技術について説明できる。
信号理論や色、視覚特性の知識を基にテレビジョン放送技術について基本的な内容を説明できる。
授業計画 1.映像メディアの概要
2. 映像のライフサイクル
3.映像の取得
4.コンピュータ・グラフィクス(座標系と射影変換)
5.コンピュータ・グラフィクス(モデリング)
6.色の表現
7.立体視
8.映像のディスプレイ
9.フーリエ級数とフーリエ変換
10. フーリエスペクトルと信号帯域
11.映像の符号化
12.NTSC方式
13.HDTV方式
14.映像の記録と伝送
15.まとめ、定期試験
履修上の注意 ・重要な点に関して配布プリントにノートを取り、良く復習すること。
・その際、定期試験で持込を許可する「勉強成果用紙」を作成すると良い。 
準備学習(予習,復習について) 【予習について】
・微分積分学、三角関数、指数関数に関して復習しておくこと
【復習について】
・講義で学んだ用語や理論について、毎回2時間程度をかけ、インターネット等を活用して他人に説明できるよう良く復習すること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
 定期試験の成績75%
 レポート15%
 授業への取り組みを10%
で評価する。

【課題に対するフィードバック】
 毎回、前回の課題の提出されたものに対してコメントを返します。
教科書等 適宜プリントを配布し参考書を示す。
(※学内限定となります。)