科目名 メディア画像総合演習(Advanced Seminar in Media and Image Technology)
担当教員 徳山 喜政内田 孝幸東 吉彦久米 祐一郎佐藤 利文田村 徹陳 軍森山 剛
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
2年次までに学んだ専門科目の知識や経験を活かしながら、コンピュータグラフィックス分野、マルチメディア分野、画像処理分野、メディア光学分野、メディアエンジニアリング分野のより専門的な学習・演習を通して、応用力を身につけさせる。
【授業の概要】
各分野教員の指導のもと、演習や実験などの方式で
各分野の卒業研究・演習に必要な知識や技能を習得する。
演習テーマ:
CG応用、映像メディア、情報メディア、色彩画像、感覚情報処理、電子画像、印刷デバイス、光システム、光学設計、レーザ応用 

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 (1) 直面する課題を自分なりの工夫をしてある程度解決することができる。
(2) 演習を通して身に付けた方法を実際に応用できる。 
授業計画 【コンピュータグラフィックス分野、マルチメディア分野、画像処理分野】
1.ガイダンス
2.CG・Webデザインのための表色法(1) - 色の性質について理解する -
3.CG・Webデザインのための表色法(2) - 表色系に基づく色の表現方法を理解する -
4.CGプログラミング - 概要と平面形状の描画 -
5.CGプログラミング - 平面形状の操作(移動、回転、拡大縮小) -
6.CGプログラミング - 立体形状の描画と操作(移動、回転、拡大縮小) -
7.映像処理プログラミングの基本
8.映像処理プログラミングの実際
9.WEBデザイン - htmlの基本を理解する ‐
10.WEBデザイン ‐cssの基本を理解する ‐
11.メディア技術調査 - 立案及び調査 -
12.メディア技術調査 - 調査及び資料作成 -
13.研究室見学
14.メディア技術調査 - 発表及び討論 -
15.まとめ 

【画像処理分野、メディア光学分野、メディアエンジニアリング分野】
1) ガイダンス
2) 画像処理と画像解析(講義とPC利用を含んだ演習)
3) 画像処理と画像解析(演習)
4) 感覚情報の計測方法 (講義、実測とExceによる統計解析を含んだ演習)
5) 光学解析と計算機ホログラム(講義とPC利用を含んだ演習)
6) 光学解析と計算機ホログラム(演習)
7) レンズ設計、立体図形把握(講義とPC利用を含んだ演習)
8) レンズ設計、立体図形把握(演習)
9) DTP(講義とC利用を含んだ演習)
10) DTP(講義と演習)
11) PCによるシミュレーションと出力(講義とPC利用を含んだ演習)
12) PCによるシミュレーションと出力(講義と演習)
13) 研究室見学会
14) 1)~13)の成果発表、研究室配属に向けた学生のアピールプレゼン
15) まとめ、講評  
履修上の注意 各テーマの担当教員から演習における注意点などの説明をよく聞き、実験の際は、とくに安全に留意すること。必ず演習ノートを用意し、手順や途中結果を含め、きちんと記録を取ること。 
準備学習(予習,復習について) 各テーマの意義や実施手順についてよく考え、演習手順などをノートにまとめる。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 課題提出や演習結果発表を総合して評価する。
演習結果の発表の際に、全教員が評価し、講評する。 

・演習でのレポートなどに対して、要点や修正点を指摘して、適切にフィードバックを行う。
教科書等 教科書:プリント配布
参考書:その都度指定 
(※学内限定となります。)