科目名 電気回路(Electric Circuits)
担当教員 曲谷 一成
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】電気回路は、画像デバイス、画像システム、電子回路および家庭用電気機器を支える電気技術の中心的学問であり、基礎を十分に理解できるように講義する。
【授業概要】電気の基本からはじめ、直流、交流の違いを理解できるようにする。電気回路素子は大別すると抵抗R、インダクタL(コイル)、キャパシタC(コンデンサ)である。まず、これらの構造、動作原理、特性を十分に理解することを重点に置く。すなわち、個別の素子の性質を十分に理解すると、これらを組み合わせた交流回路の振る舞いも分かり、したがって、いろいろなデバイスや電気・電子製品の働きも理解できるようになる。さらに、演習を取り入れ、いろいろな電気回路の理解力の向上を目指す。


<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 (1)電気回路とは何かを理解し説明できる。
(2)直流と交流の違いを理解し説明できる。
(3)3種類の回路素子の動作原理を理解し説明できる。
(4)回路の接続の仕方を理解し説明できる。
(5)回路方程式を記述し方程式を数学的に解くことができる。
(6)交流電圧・電流の波形を理解できる。
(7)電気回路を利用した電気計測への応用の理解
授業計画 1.ガイダンスと電圧、電流、抵抗、電力の概念
2.オームの法則、直列・並列抵抗の計算
3.キルヒホッフの法則、回路方程式
4.ブリッジ回路、電気計測への応用
5.回路素子。抵抗Rの構造、動作原理、電気的性質
6.回路素子。コンデンサーCの構造、動作原理、電気的性質
7.抵抗とトランジスタを用いた基礎電子回路
8.中間のまとめ(含む 試験)
9.回路素子。インダクタLの構造、動作原理、電気的性質
10.正弦波交流電圧の性質(最大値、実効値、周波数、瞬時値)
11.R、L、Cの交流抵抗(インピーダンス)の求め方
12.R-L、R-Cの直列接続による交流抵抗回路、位相差、ベクトルの回転
13.R-L-Cの直列接続回路と共振
14.回路素子を用いた電気機器(ドライヤー、ICカード、IHヒーター、トランス、USBメモリなど)
15.後半のまとめ(含む 試験)
履修上の注意 第1回の授業は非常に大切で、講義全体の解説、履修上の注意点、約束事について詳細に説明する。本講義を履修予定の学生諸君は必ず出席してもらいたい。受講することを決めたら、教科書を準備し、講義ノートを作成すること。
準備学習(予習,復習について) 各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照して下さい。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっているので目安にして下さい。学びのコツは繰り返すことである。したがって、復習はなるべく早い段階で行うと効率が良い。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 1回~7回の講義の内容の理解度を確認するために中間試験(基本90分間)として8回目に行う。期末試験(基本90分間)は後半9回以降の授業内容から出題する。成績は、中間試験50点、期末試験50点とし、合計を100点として評価する。出席が2/3に満たない場合は、成績評価は行わない。なお、遅刻は欠席扱いとするので注意をしてほしい。
課題に対するフィードバック:課題に対するフィードバックは授業中に適宜おこなう。
教科書等 吉野純一、高橋孝 共著「電気回路の基礎と演習」コロナ社    2800円
適宜、講義資料を配布する。
(※学内限定となります。)