科目名 光エレクトロニクス(Optoelectronics)
担当教員 中楯 末三
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業 の目的】
  光工学・メディア・画像工学における光の役割をさらに良く理解する。
【授業 概要】
  光エレクトロニクスは、情報の入力、出力そして伝送・処理などの極めて幅広い分野で、重要な役割を果たしている。光エレクトロニクスの理解に必要な基本事項と実用デバイスおよび実用システムについて学ぶ。
<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 ・光の波長や周波数などが計算できる。
・電磁波の発生を説明できる。
・光の伝搬を説明できる。
・LEDの発光原理を説明できる。
・半導体レーザーの発光原理を説明できる。
・光電子増倍管による光検出を説明できる。
・半導体光検出素子を説明できる。
・光素子全般に関する計算ができる。
授業計画 1.光エレクトロニクス序論
2.光の伝搬
3.電磁波の発生と表現
4.電磁波と光の透過と反射
5.半導体とは
6.半導体のPN接合
7.LEDの発光原理
8.LEDの特性と駆動回路
9.レーザー光の発光原理
10.レーザー光の特性
11.半導体レーザーの原理と特性
12.光電子増倍管
13.半導体受光素子
14.光ファイバーによる光の伝搬
15.まとめと演習問題
履修上の注意  基礎から系統的に進めていくので、毎回授業に出席し、その日に学んだことをよく理解していくことが重要である。
準備学習(予習,復習について) 準備学習として幾何光学、波動光学、電気回路、半導体工学などを復習すること。資料を配付するので、毎回授業前の予習では45分程度をかけて教科書の予習をすること。また、毎回の授業後のノートを45分程度かけて見直し、出された計算問題をもう一度自分で解いてみること。
*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
  (1)小テスト(15点)
  (2)定期試験(85点)
【試験方法】
 小テスト:授業内に毎回実施する。
 定期試験:今までの総合課題について実施。持ち込み可(資料、電卓等)
【課題に対するフィードバック】
 授業での小テストでは、解答を行います。
 その他の演習では解答等を配布します。
教科書等 プリント配布
(※学内限定となります。)