科目名 光学演習(Optics Seminar)
担当教員 陳 軍豊田 光紀
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】TVカメラやデジタルカメラは画像の入力、CD・DVDなどの光ディスクは画像の記録、DLPなどのディスプレイは画像の表示において欠かすことのできない存在になっている。これらの映像・画像機器の心臓部にあたる光学系の基礎を理解することが本演習の目的である。

【授業概要】特に、レンズの結像や、光の干渉や回折など、幾何光学や波動光学の諸問題を解きながら、メディアシステムについての理解を深めていく。
 

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標  (1) 画像の入出力や、記録、伝送、表示システムにおける波動光学理論を理解し、それらの働きを説明できる。

 (2) 画像入力装置などにおけるレンズやプリズムなどの働きを理解し、作図ができる。
・近軸光学での光線追跡ができる。
  ・二枚の薄肉レンズや薄肉反射鏡を通した光線追跡ができる。
  ・望遠鏡の原理を理解し、特に瞳の概念を具体敵に理解する。
授業計画 1. 波動の数学的な取り扱い
2. 光波の複素数表示、複素振幅
3. 光の重ね合わせの取扱、複素数を用いた光の干渉の取扱
4. 光の回折、CD・DVD・BDへの応用
5. 空間周波数領域における画像処理の基礎
6. ホログラフィー
7. 偏光と立体映像への応用
8. ガウス光学の作図と計算(1)凸レンズ、凹レンズ
9. ガウス光学の作図と計算(2)凹面鏡。凸面鏡
10.プリズムの働き
11.縦倍率と微分法の応用
12.絞りの作用
13.正弦条件とフーリエ変換レンズ
14.簡単な立体視遊戯の設計と作成
15.まとめ
MG1とMG2の二つのクラスに分かれて行う。一つのクラスは、先に8-14を行い、後から1-7を行う。
履修上の注意 毎回の授業の予習復習を必ずすること。
2年次の幾何光学、幾何光学演習、波動光学を取得しておくことが望ましい。
分からないことは、その授業の中で解決すること。 
準備学習(予習,復習について)
復習:返却プリントの分からなかったところ間違ったところを、十分に見直し、理解する。
予習:幾何光学と波動光学の該当部分をよく理解してくる。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 小テストと試験にて実施。
期末試験(70%)、小テスト(30%)を総合して評価する。
出席率が2/3未満のものは成績は不可となる。

【課題に対するフィードバック】
課題に対するフィードバックは後続の授業中で適宜に行う。
教科書等 幾何光学と波動光学の授業で配布したテキストを使用 
(※学内限定となります。)