科目名 CGプログラミング演習(Computer Graphics Programming Seminar)
担当教員 田村 徹徳山 喜政
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 「授業の目的」
(1)CG概論ⅠおよびCG制作演習Ⅰの内容の中から2次元画像の描画および直投影変換を行うプログラムをC言語を使って作成する。
(2)C言語とOpenGLを用いて3次元立体の生成、照明と材質の設定、シェーディング、アニメーション、インタラクティブ入力などの演習を行う。
「授業概要」
CGおよびC言語やOpenGLの基礎について確認をしながら、課題にそった内容をコーディングする。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 ・ 2次元図形の描画と投影変換を通して、C言語の基礎・応用とコンピュータグラフィックスの基本を理解し、簡単なプログラムを作成できる。
・ C言語とOpenGLを用いて3次元形状や簡易なアニメーションを制作できる。
授業計画 1)ガイダンスおよび演習の解説
2)C言語の復習
3)2次元図形の描画1(繰り返し文)
4)2次元図形の描画2(関数)
5)幾何変換図形の描画
6)投影変換(配列の利用)
7)投影変換(行列の演算)
8)OpenGLによる3次元図形の表示過程
9)平面形状の描画1(頂点座標入力)
10)形状の色の付け方(RGB、光源設定など)
11)3次元形状の描画2(部品の利用)
12)各種基本立体の描画関数の使い方
13)3次元形状のインタラクティブ操作とアニメーション
14) 基本立体(立方体、球、円柱など)の組み合わせ
15)まとめ
履修上の注意 2009年度以降の入学生は、プログラミングⅡの単位を取得していること。
2008年度以前の入学生はプログラミングⅠ、プログラミングⅡを履修しておくことを推奨する。
準備学習(予習,復習について) 各演習の事前および事後にC言語の基本について予習、復習すること。プリントを読み、各課題内容について事前に十分理解しておくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて レポート、提出した演習課題や作品および出席を総合的に評価する。
課題のフィードバックは演習の時間の中でおこなう
教科書等 C言語の基礎についての本であればなんでもよい。OpenGL に関してはプリントを配布する。
(※学内限定となります。)