科目名 メディアデバイス工学(Media Device Enginnering)
担当教員 内田 孝幸
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
 画像情報の入出力、特に光情報と電気情報の変換に関わる半導体素子、半導体機器の基礎的な原理の理解の修得を目的とする。
【授業の概要】
 メディアデバイスの根幹を支える半導体エレクトロニクスを中心に講義を行う。光から電気への変換、逆に電気から光への変換について原理と応用について解説する。これらの動作を応用したデバイス、集積化させたデバイスについて関連づけながら講義する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 ・光から電気への変換、逆に電気から光への変換について原理について概要が説明できる。
・エネルギーバンド図を用いて、光吸収、失活の説明ができる。
・フェルミ準位の概念が説明できる。
・PN接合における、フェルミ準位の一致、空乏層の役割に関して説明できる。
・光から電気への変換、逆に電気から光への変換について、これらを応用したデバイスを例を上げて説明できる。
・仕事関数という言葉を用いて光電効果について説明ができる。 
授業計画 1) 光の性質と材料の相互作用
2) 各種光電変換材料
3) 半導体の基礎、エネルギー準位図
4) フェルミ準位の定義と意義
5) 光半導体の性質、PN接合におけるエネルギー準位図とキャリア移動
6) 有機光半導体の原理と特徴
   発光ダイオード、レーザーによる露光(画像形成)の技術進展
7) 各種光電変換デバイス
8) 画像入力素子(CCD、CMOSセンサ)の原理と特徴
9) 電子写真概論
10) 機能分離型感光体
11) デジタルカラー複写機
12) 薄型ディスプレイ(FPD)
13) 電子ペーパー
14) 有機EL素子(有機LED)
15) まとめ
   -最近のメディアデバイスの動向と展望-
履修上の注意 履修時に利用するポータルサイト、コウゲイ.net、ポータルサイトの利用法は授業中にも説明するが、必ず、操作法を理解し、有効に活用すること。
準備学習(予習,復習について) 予習:授業の最後に次週の項目の紹介をするので、これらの内容について予習しておくこと。
復習:配布したプリントに要点、まとめを各自、記載し提出したのち、以後の講義で返却するので、これらを有効に使って復習すること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて ・講義中での小テスト、レポートなどに対して、要点や修正点を指摘して、適切にフィードバックを行う。
・定期テストによる(90%)。一部(10%)は上述の宿題、レポートにより評価する。
教科書等 「半導体デバイス工学」、谷口 研二、 宇野 重康 (著) 、昭晃堂、3600円+税
(※学内限定となります。)