科目名 レーザ応用工学(Applied Laser Engineering)
担当教員 陳 軍
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
レーザの仕組みと応用について講義する。講義内容に即して演習も行なう。
【講義内容】
講義では、レーザ発明の経緯を述べ、発振仕組みを分かり易く説明する。普通の光と比較しながら、レーザの優れた特性を理解する。各種レーザの特徴を学び、レーザ印刷、光記録、光通信等への応用を講義する。レーザプリンタや、CD・DVD・BDなどの機構とレーザが果たす役割について述べる。特に青色発光半導体レーザによる記録密度向上の原理を講義する。さらに、光偏向、光変調及び各種画像システムに使われている光制御技術を解説する。
<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 (1) レーザの原理と仕組みを理解し,要領よく説明でき、応用できる。
(2) レーザ光の基本性質を理解し、要領よく説明でき、応用できる。
(3) メディアや画像機器におけるレーザの応用を理解し、説明できる。
授業計画 1. レーザとその応用技術の概要
2.  レーザの仕組み①レーザ媒質:光の量子性と波動性、自然放出と誘導放出
3.  レーザの仕組み②励起方法
4.  レーザの仕組み③レーザ共振器
5. レーザの実際①He-Neレーザ
6. レーザの実際②半導体レーザ
7. レーザ光の性質(1):指向性、ビームの広がり
8. レーザ光の性質(2):スペクトル幅、コヒーレンス
9. レーザの応用①光情報通信
10. レーザの応用②レーザ印刷
11. レーザの応用③光記録への応用
12. レーザの応用④ホログラフィーとのその応用
13. レーザの応用⑤高精度光計測への応用
14. レーザの応用⑥工業や医療への応用
15. 総合復習とレーザ取扱の安全性 
履修上の注意 授業に出席し、要点をノートにまとめること。
準備学習(予習,復習について) 予習として、配布プリントを事前に読み、要点や疑問点をノートにまとめる。復習はノートを整理し、要点や疑問点が理解したかチェックしてください。 
・各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
全体を100点として評価する。
(1)小テスト、演習課題:30点
(2)定期試験:70点
(3)出席が2/3 に満たない場合は成績評価を行わない。
【課題に対するフィードバック】
小テストや演習課題の成績公開と問題の解説を行なう。
教科書等 教科書:プリント配布
参考書:
「光とレーザー」 陳   軍 山本 将史著 (オーム社)1900円+税
「レーザ入門」 J. Wilson J. F. B. Hawkes著 清水忠雄 監訳 (森北出版) 3500+税 
(※学内限定となります。)