科目名 画像処理(Image Processing)
担当教員 佐藤 真知子
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】コンピュータによるディジタル画像処理の原理のうち、画像処理
用ソフトを使用したり、独自に処理プログラムを作成するための基礎的 な事項
を講義する。重要な手法についてはPC演習室での実習も行う。

【授業の概要】
画像データの特徴であるデータ量の大きさを理解するために必要な情報量の概念
を学習した後、デジタル画像の表現形式を学び、雑音除去、鮮鋭化、幾 何学的
補正の手法を概説する。さらに、フーリエ変換とその応用についても触れる。授
業は適宜、演習問題を解きながら進める。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 (1)デジタル画像処理の基本原理を説明できる。
(2)デジタル画像処理の各種手法を使用して画像を処理することができる。

授業計画 1)ガイダンス、ディジタル画像処理とは
2)情報の概念
3)情報の量的表示
4)画像の計算機内表現と情報量
5)雑音の除去-平滑化
6)雑音の除去-エッジを保った平滑化
7)濃度値の補正
8)画像の1階微分
9)画像の2階微分
10)幾何学的補正
11)手法(5~9)に関する実習
12)フーリエ変換の概念
13)フィルタリング
14)手法(13、14)に関する実習
15)まとめと到達度確認
履修上の注意 ・実習はPC演習室で行うので間違えないようにすること。
・PC演習室で使用するソフトウェア Adobe Photoshop
準備学習(予習,復習について) ・毎回の授業前後、コウゲイ.net 上に掲載される授業資料を参照して、十分に予習復習を行なうこと。
・各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて
・授業中に行う演習問題の解説は、次の授業の始めに行う。
・授業時に行う演習問題の出来具合30%、到達度確認の結果70%の割合で評価する。

【課題に対するフィードバック】
課題に対するフィードバックは後続の授業中で適宜に行う。
教科書等 参考書
「ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門-」 CG-ARTS協会 (2500円)
(※学内限定となります。)