科目名 画像評価(Image Evaluation)
担当教員 宮﨑 桂一
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 授業の目的
画質を評価するための因子とそれぞれの評価方法を理解し、よい画像を作成する方法を習得する。

授業の概要
デジタル写真を主として銀塩写真、印刷、インクジェットプリンター、熱転写プリンターなどの各種カラ-プリント画像の画質の評価方法及びその応用としての画質の設計について講義する。この科目では、画質として階調、色再現、シャープネス及びノイズを主に扱う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 ・画質の主要因である階調、色再現、シャープネス、ノイズを説明できる。
・良い画像はどのような画像かが理解でき、良い画像を作成することができる。
授業計画 1. ガイダンス
2. 視覚系の特性
3. 測色1(イルミナント、マンセル表色系)
4. 測色2(XYZ表色系、xy色度図)
5. 測色3(均等色空間)
6. 濃度1(幾何条件)
7. 濃度2(分光条件)
8. 調子再現
9. シャープネス1(解像力、アキュータンス)
10.シャープネス2(拡がり関数、コンボリューション)
11.フーリエ変換
12.システムの空間周波数特性(MTF)
13.ノイズ
14.像構造に関する総合評価値
15.まとめ
履修上の注意 線形代数、微分積分などの数学を理解し、色彩学、色彩工学、視覚情報工学、写真工学、色再現工学を履修済みあるいは履修中であることが望ましい。
準備学習(予習,復習について)  授業で用いているパワーポイント資料をウェッブ上で公開しています。
 事前に配布プリントまたはパワーポイント資料をよく読んで予習してきてください。
 授業中によくわからなかったことは、ウェッブ上のパワーポイント資料や参考書をみて、よく理解しておいてください。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業中の演習及びレポートを20点、定期試験を80点で総合的に評価する。
定期試験では、事前配布のメモ用紙1枚のみ持ち込み可。電卓も持ち込み不可。

【課題に対するフィードバック】
課題に対するフィードバックは後続の授業中で適宜に行う。
教科書等 プリントを配布
参考書1: 日本写真学会編「写真の百科事典」 朝倉書店
参考書2: 日本写真学会編「改訂 写真工学の基礎 -銀塩写真編-」 コロナ社
参考書3: 日本写真学会・日本画像学会編「ファインイメージングとハードコピー 」コロナ社 
(※学内限定となります。)