科目名 レンズCAD(Lens CAD)
担当教員 渋谷 眞人
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業内容】
 光学設計に用いられるソフトウェアの操作を通じて、レンズおよび光学設計の基礎を学ぶ。
【授業概要】
 レンズCADとは、高機能な光学製品を低コストで製造するために不可欠な光学設計ソフトウェアである。カメラやプロジェクター、液晶ディスプレイ、LED照明など、実際の設計現場では当たり前のように使われている。本講では、光学系設計ソフトウェアとして一般的なCODE Vを使用して、簡単なレンズの設計評価について講義と演習を行う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11A.pdf}
到達目標 本講義を通す事で、
・レンズおよび光学設計の基礎知識を習得する
・光学系設計ソフトウェアCODE Vを設計/研究に使用できるための基礎を学ぶ。
・理論的な考え方と、シミュレーションとの結びつきを肌で感じることができる。
授業計画 1.講義ガイダンス
2.基本仕様の設定
3.焦点距離の計算予想(薄肉、厚肉)と実際
4.球面収差とベンディング、形状因子、球面収差図
5.入射出瞳、絞り
6.ビネッティング、カメラ特許レンズでの様子。
7.正弦条件
8.波動光学的MTF, 最良MTFと絞り
9.幾何光学的MTF、波動光学的MTFとFナンバーの関係
10.収差図とスポットダイアグラム
11.色収差補正、計算予想と実際、
12.自動修正
13.ストレール比、デフォーカス特性(焦点深度)
14.ペッツバール和とペッツバール像面
15.まとめ
履修上の注意 幾何光学の理論(収差に関する用語について理解していることが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 専用ソフトウェアを用いての講義となり、操作できる環境が限定されます。
配布する教科書を参考に、授業以外の空き時間等に操作方法の復習を行ってください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 毎回レポート提出を課す。
出席率が2/3未満のものは成績は不可となる。

【課題に対するフィードバック】
課題に対するフィードバックは後続の授業中で適宜に行う。
教科書等 必要な資料は、適時配布する。
(※学内限定となります。)