科目名 無機化学(Inorganic Chemistry)
担当教員 大嶋 正人
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 無機化学ではこれからのナノ化学の専門科目を学ぶにあたり、もっとも基礎的な内容
を扱う。この授業では、原子の構造、元素の一般的な性質、結合の概念と種類、電気
陰性度などの概念を学ぶ。この授業で得られる知識、概念が理解できていることを前
提に高学年の専門科目の授業は行なわれる。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 原子の構造、周期表、結合の概念、イオン、電子親和力、電気陰性度等の概念を理解
し、それぞれを説明することができる。
授業計画 1.原子構造と周期表、水素原子のスペクトル
2.ボーアの理論、ボーアの理論の改良
3. シュレディンガー方程式、波動関数、原子軌道の形状
4. 量子数、電子の性質の二面性、不確定性原理、フントの規則
5.周期表、化学結合の様式(イオン結合、共有結合、金属結合)、多重結合
6.イオン結合化合物と共有結合化合物の一般的性質など
7.イオン結晶固体の構造、化学量論的欠陥、非化学量論的欠陥など
8.Sidgwick-Powell理論、金属結晶、充填率
9.原子価結合法、混成軌道、σ結合とπ結合など
10.分子軌道法、LCAO法
11.金属の一般的性質、光沢、延性、展性、凝集力
12.伝導体、絶縁体、半導体、バンド理論、合金
13.原子とイオンの大きさ、イオン化エネルギー、電子親和力
14.電気陰性度、分極能と分極率、金属的性質など
15.まとめと学力考査
履修上の注意 高等学校で化学が未履修の学生および履修結果に不安がある学生はあらかじめ化学A、化学A演習を履修することを推奨する。
無機化学分野の基礎知識が効率よく修得ができるよう、カリキュラムでは配慮しているが、それは教員が一方的に行うものではなく、予習をして授業を受ける準備を整えたり、復習や演習問題を通じて知識の整理と活用に努める学生諸君の努力と併せて効果を発揮するものと考えている。
学修成果を確実なものとするため、小テスト、試験等の評価結果の一部を返却する。返却された小テスト、試験等の評価結果は学修状況の重要なフィードバックなので、それらをもとに各自確実に復習をすること。
準備学習(予習,復習について) 指定の教科書を使って授業を進める。準備学習はルーブリックの準備項目および前回までの到達目標である。また、各回の到達項目を自身で授業の都度チェックして復習すること。化学を学ぶ上で基本となる概念を扱うので、不明な点は教員に質問してなるべく早く解決すること。その他、必要の応じ、授業中に予習または復習を指示することもある。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 2回の筆記試験の結果をもとにルーブリックに準拠して評価する。
教科書等 「無機化学」 J. D. Lee著浜口 博訳 東京化学同人  定価4200円
(※学内限定となります。)