科目名 ソフトウェア工学概論(Introduction to Software Engineering)
担当教員 島森 功
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 プログラミング言語の文法を学んでも面白くないし、身に付かないと思います。自分で3次元空間を創造し、
仮想の世界を組み立てる中で自然にプログラミング手法が身に付くような学習形態を目指します。

プログラミング言語Cに類似した文法で三次元空間を表現するPOV-Rayを使い、3次元CG画像を製作しながらプログラミングのアルゴリズムを学び、論理的な思考方法を身につけると同時に空間認識を深める。
この授業はPC教室で行う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 1.ソフトウェアの基本概念を理解し、既成のプログラムを目的に合わせて改編、利用できる。
2.プログラミングにより3次元CG画像を作成できる。
3.POV-Rayの基本文法およびプログラム構成を理解し、それをプログラミングに反映できる。
4.作成した画像をプレゼンテーション等さまざまな場面で活用できる。
授業計画 01:プログラミングの基礎知識・プログラミング言語の説明・POV-Rayの使い方
02:基本形態の描画
03:基本形態を組み合わせる
04:集合演算(差集合)
05:集合演算(積集合)
06:繰り返し
07:繰り返しで形状をつくる
08:乱数を利用する
09:条件判断
10:液体・気体の表現
11:配列の活用
12:動画の作成方法(説明のみ)
13:最終課題プログラミング
14:最終課題プログラミング
15:最終課題プログラミング
履修上の注意 疑問点についてはまず主体的に考え、試行錯誤を重ねて解決する。
準備学習(予習,復習について) 1.欠席した場合は配布PDFを入手して内容を理解しておく。
2.教材(POV-Ray)はフリーウェアなので自宅PCでの試行・作成を推奨。(Windows版/Mac版共通)
Windows版はVersion3.7    Mac版はVersion3.5(旧版)をダウンロードしてください。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 2回程度の課題提出。画像ではなく、プログラム・ソースを回収する。
(プログラムに不備があれば画像が表示されないので不備の無いプログラム作成が必要)
教科書等 毎回詳細なPDF資料を配布する。
(※学内限定となります。)