科目名 物理化学A演習(Physical Chemistry Seminar A)
担当教員 比江島 俊浩
単位数 2
授業区分 学部_必修 演習
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業概要】
物理量と単位との関連性の理解を深めるとともに、気体の状態方程式に関連する問題や熱力学第一、第二及び第三法則に基づく課題演習の数値解析を行う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 【到達目標】
(1) 物理量と単位との関係を説明できる。
(2) 気体の状態方程式に関する文章問題を解くくことができる。
(3) 熱力学第一、第二及び第三法則に関する文章問題を解くことができる。
(4) カルノーサイクルに関連する文章問題を解くことができる。
授業計画 【授業計画】
1. 物理量と単位
2. 理想気体と温度
3. 混合気体とドルトンの分圧の法則
4. 気体分子運動論
5. van der Waalsの状態方程式
6. 熱と仕事
7. 状態量
8. Jouleの法則
9. 熱容量とエンタルピー
10. 熱化学-Hessの法則
11. 可逆過程と非可逆過程
12. 熱力学第二法則
13. エントロピー
14. カルノーサイクル
15 熱力学第三法則
履修上の注意 【履修上の注意】
・高校数学Iの理解を必要とされる。各自苦手な分野を学習すること。
・予習課題の中でも理解度の低い問題や間違えた問題は、その物理化学的な背景も含めて授業中説明するので、教員の説明した重要ポイントと板書した内容の全てをノートに必ず記載すること。
準備学習(予習,復習について) 【準備学習】
予習について
・単元毎に問題プリントを配布するので、指定された予習課題をA4レポート用紙に問題とその解法を記載し、コピー1部を手元に保管して原紙を翌週授業の開始前までに提出すること。
・予習課題で解けない問題でも問題文をよく読んで何を問うているかを理解すること。
復習について
・理解度の低い問題や間違えた問題は授業中説明するので、復習としてノートに書いた内容と数式の展開を必ず読み返してみること。
・授業終了15分前に各単元ごとに重要と思われる問題の小テストを実施する。翌週採点して返却するので間違えたポイントを復習すること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
全体を100点として評価する。
(1) 課題レポートの提出(1点×10回=10点)
(2) 授業中の小テストの成績(2点×10回=20点)
(2) 中間試験(35点)
(3) 定期試験(35点)
(4) 出席が2/3に満たない場合は、単位を認定しない。

【試験方法】
小テスト: 授業の最後に毎回実施する。
定期試験: 授業で取り扱った内容と課題レポート、小テストからの類似問題、電卓のみ持ち込み可

【課題に対するフィードバック】
小テスト及び中間テストは解答を返却する。
教科書等 教科書 物理化学Aに同じ 参考書 物理化学Aに同じ
(※学内限定となります。)