科目名 物理化学B演習(Physical Chemistry Seminar B)
担当教員 山田 勝実
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 物理化学演習Aで学ぶ化学熱力学をもとに、化学ポテンシャルの概念を学ぶとともに、各種平衡の物理化学的な理解を深める。 

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 仕事、内部エネルギー変化、エンタルピー変化、エントロピー変化、自由エネルギー変化の基本的な計算ができる。
授業計画 1.仕事と内部エネルギー
2.熱力学第一法則
3.ヘスの法則
4.熱力学第二法則
5.自由エネルギー
6.熱力学第三法則
7.化学ポテンシャル
8.相平衡の条件
9.相律
10.二酸化炭素の相平衡
11.純物質の相平衡
12.溶液と相平衡
13.化学平衡
14.イオン平衡
15.まとめと学力考査
履修上の注意 大学一、二年次に開講の物理化学入門と物理化学A、Bならびに物理化学A演習を履修していることが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 出席確認は学生証をスキャンして行います。必ず持参すること。関数電卓も毎回必要になります。復習はノートや前回の演習問題を自宅で90分間確認し、予習は授業中に示した範囲の問題を自宅で90分間かけて解いておくこと。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて レポート提出60%、期末試験40%などで成績評価 
教科書等 プリントを配布する。
(※学内限定となります。)