科目名 元素の化学(Elemental Chemistry)
担当教員 山田 勝実大嶋 正人
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 本講義では無機化学で修得した基礎知識をもとに、周期表の典型元素(s及びp軌道にのみ電子を持つ元素)に付いて各論を講義する。約百種におよぶ元素を周期表の族を主体に分類し、単離法、単体の物性、電子構造、化学的性質などの多様性を論ずる。また各元素の周期表での位置や近隣の元素との類似性や関連性を抽出し、多様性の原因を追求するとともこれらを体系化して解釈する。さらにそれらの元素から成る多様な化合物の合成と性質、工業的利用等についても説明する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 典型元素に関する基本的な概念を理解できること。また、われわれの社会の中で活用されたり、重要な役割をしている元素、化合物に関する話題を説明できること。 
授業計画 1.標準電極電位と電気化学列
2.元素の存在度と単離、還元過程の熱力学など
3.周期表中の対角線方向の関係など
4.水素化合物、酸と塩基、Cady-Elseyの定義など
5.s-ブロックの元素 アルカリ金属の性質
6.s-ブロックの元素 アルカリ金属の反応
7.s-ブロックの元素 アルカリ土類金属の性質
8.s-ブロックの元素 アルカリ土類金属の反応
9.p-ブロックの元素 第13族
10.p-ブロックの元素 第14族
11.p-ブロックの元素 第15族
12.p-ブロックの元素 第16族 
13.p-ブロックの元素 第17族 
14.p-ブロックの元素 第18族
15.まとめと学力考査
履修上の注意 高等学校で化学が未履修の学生および履修結果に不安がある学生は化学Bを同時に履修することを推奨する。
準備学習(予習,復習について) 無機化学分野の基礎知識から典型元素の化学までを効率よく修得ができるよう、カリキュラムでは配慮しているが、それは教員が一方的に行うものではなく、毎回90分間の予習をして授業を受ける準備を整えたり、復習や演習問題を通じて知識の整理と活用に努める学生諸君の努力と併せて効果を発揮するものと考えている。
出席は学生証をスキャンして確認します。必ず持参すること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 期末試験(60点)、小テスト(40点)を評価の対象とする。
教科書等 無機化学」J.D.Lee著浜口 博訳東京化学同人 定価4200円
(※学内限定となります。)