科目名 有機化学IIA(Organic Chemistry IIA)
担当教員 八代 盛夫
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 授業の目的:
有機化学IAに引き続き、有機化学の基礎を学ぶ。講議内容に即した演習も行う。
授業概要:
アルケン、アルキン、芳香族化合物、および構造決定法について学ぶ。これらを通じて有機化学に対する理解を深めるとともに、勉学方法を学ぶ。"
到達目標 ・アルケン、アルキン、芳香族化合物の特徴について説明できる。
・アルケンとアルキンの求電子付加反応について説明できる。
・芳香族化合物の求電子置換反応と置換基効果について説明できる。
・ 構造決定法について説明できる。"
授業計画 1. 有機化学IBを学ぶにあたって
2. アルケンとアルキンの化学
3. アルケンとアルキンの反応
4. アルケンとアルキンに関する演習
5. 1~4のまとめと到達度の確認
6. 芳香族化合物の化学
7. 芳香族化合物の反応
8. 芳香族化合物に関する演習
9. 6~8のまとめと到達度の確認
10. 構造決定(1) X線解析、質量分析、紫外分光法、赤外分光法
11. 構造決定(2) 核磁気共鳴分光法
12. 構造決定に関する演習
13. 10~12のまとめと到達度の確認
14. 総括
15. 1~14のまとめと到達度の確認
履修上の注意 有機化学IAの内容を理解していることが前提。独習は書かせない。
準備学習(予習,復習について) 予習:教科書の該当する章を読む。すべては理解できないはずであるので、理解できない点を自分で把握し分析してみる。教科書に出てくる分子の構造をすべてKekule構造式で正しく描く練習を、繰り返し実行することを強く推奨する。
復習:教科書の問題および配布資料の問題を解く。その過程で教科書の関連する部分を繰り返し読み、理解できる部分を拡大する。"
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて ,到達度テスト15点(3回)、総括テスト40点、レポート等15点、合計100点の目安で評価。記述式の筆記試験を行う。
教科書等 ,"教科書 マクマリー他著、伊藤、児玉訳「有機化学概説」(東京化学同人)5200円
参考図書 ボルハルト、ショア著、古賀、野依、村橋監訳「現代有機化学」(化学同人)6500円"
(※学内限定となります。)