科目名 有機化学IIB(Organic Chemistry IIB)
担当教員 岡野 光俊
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】有機化学IA、IB、IIAに続き、有機化学の基礎を学び、基礎の学習を完成させる。
【授業概要】アルデヒド、ケトン、カルボン酸とその誘導体、アミンに関する有機化学を、これまでに学んだ有機化学や生命に関係する化学と関連付けながら学ぶ。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 アルデヒドとケトンについて説明できる、カルボン酸とその誘導体について説明できる、エノラートについて説明できる、アミンについて説明できる。これら化合物の生物化学における重要性を説明できる。
授業計画 1.アルデヒドとケトンの構造と存在、カルボニル基とカルボニル化合物
2.アルデヒドとケトンの命名と合成
3.求核付加反応
4.アルコール、アミン、他の付加
5.カルボン酸とその誘導体、カルボン酸の合成
6.カルボン酸の反応
7.カルボン酸とその誘導体の化学
8.前半の到達度の確認、カルボニル化合物序論
9.カルボニル化合物のアルファ置換反応と縮合反応
10.カルボニル化合物に関する演習
11.アミンの化学
12.アミンの反応
13.アミンに関する演習
14.総合演習
15.IAからIIBまでのまとめと到達度の確認
履修上の注意 授業最後に配布される紙に、課題の解答・回答・コメント等をしっかり書くこと。
準備学習(予習,復習について) 準備学習として、有機化学IA、IB、IIAの内容を復習すること。教科書に沿った内容の授業であるので、教科書を読むことにより予習して授業に臨むこと。ノートを見直すことにより復習すること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 課題他の平常点20点、到達度テスト40点、定期試験40点、合計100点を目安に評価する。授業の最後に行う小テストは、原則として次の回に返却する。
教科書等 教科書:マクマリー他著伊藤・児玉訳「マクマリー有機化学概説」(東京化学同人)5200円
(※学内限定となります。)