科目名 生物化学B(Biochemistry B)
担当教員 高橋 圭子
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 生物のエネルギーの流れと化学反応(代謝)についての基本事項に感なする授業を行う。この授業を履修すると、代謝(メタボリズム)とは何か、生物のエネルギーはどのように貯蔵されているかを理解するであろう。授業ごとに授業の評価や課題の演習を取り入れる。薬、食品開発、公害、環境問題を学ぶ基礎知識である。これらの業種に興味を持っている者にとっては必要な科目である。化学と生命について学ぶ工学系学生のための生物化学である。 有機化学IおよびIIのテキストマクマリー有機化学概説の最終章を詳説する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 生物のエネルギーの流れと化学反応(代謝)について説明できる。「メタボ」の本当の意味を理解し、説明できる。生体は化学反応の連続であることを理解し、説明できる。 
授業計画 1. 生命とエネルギー, 代謝概論
2. エネルギーの獲得:解糖系
3. エネルギーの獲得:発酵の役割
4. エネルギーの獲得:トリカルボン酸回路
5. エネルギーの獲得:脂質のβ酸化
6. エネルギーの獲得:酸化的リン酸化
7. エネルギーの獲得:光合成
8. エネルギーを使う反応:光合成暗反応
9. エネルギーを使う反応:糖新生
10. エネルギーを使う反応:その他の生合成
11. 窒素代謝
12. 運動と輸送
13. 代謝の発展(1)薬理学
14. 代謝の発展(2)毒性学と環境
15. まとめと学力考査 
履修上の注意 高校程度の化学の学習をしておくことが必要である。化学記号や化学反応が全く理解できないものは自習が必要である。有機化学IA,IB,IIA,IIB、生物化学Aを履修していることが望ましいが必須条件ではない。
準備学習(予習,復習について) 化学記号や化学反応が全く理解できないものは自習が必要である。学習については授業の都度指示する。テキストは使用するが、生物化学としては特徴的な授業であるので、ノートをとり、復習に力を入れることを奨める。ノート・メモをとり、疑問をもって自ら学習できるように努力する学生を要望する。
必修科目有機化学IAB,およびIIABと関連する。マクマリー最後の章である17章を理解できるので有機化学とあわせて、マクマリー有機化学概説全巻を習得したことになる。化合物で不明の場合はマクマリーに戻って学習することを推奨する。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業全ての範囲に関する学力考査は2回行い、2回の試験のうち、よい方の評点を成績点とする。1回目の試験での成績優秀者は2回目の試験を免除する。出席点は考慮していないが、授業中の小テストおよぎ課題は考慮に入れる。
教科書等 教科書 生命の化学と分子生物学 林利彦訳 東京化学同人
参考書 マクマリー他著伊藤児玉訳「有機化学概説」(東京化学同人)5200円
(※学内限定となります。)