科目名 環境関係法規(Environment Laws)
担当教員 吉川 治彦
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 化学物質の中には、人の健康や環境中の生物に有害な影響を与えるものが少なからずあり、環境保全の法規制によって管理されている。本講義では、環境保全に関係する様々な法規制の概要を講義する。講義にはアクティブラーニングも取り入れて行う。資格との関連についても紹介する。法規制の理解や資格の取得は、社会において様々な局面で活躍する際に有用であることも学ぶ。

この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
到達目標 環境関係法規について、それぞれの法の目的、仕組み、内容を理解し、説明することが出来る。同時に、資格取得についての知識の修得も目指すことができる。
授業計画 1 環境問題と環境政策の歴史
2 環境基本法
3 水環境:水質汚濁防止法
4 水環境:水道法、海洋汚染防止法
5 大気:大気汚染防止法、悪臭防止法
6 大気:オゾン層保護法、地球温暖化対策法
7 土壌:土壌汚染対策法
8 廃棄物:廃棄物処理法、リサイクル法
9 微量汚染物質: PCB処理・ダイオキシン類対策特別措置法
10 化学物質の環境リスク評価
11 騒音規制法、振動規制法
12 公害防止管理者法、計量法(環境計量士)
13 野生生物の保護:生物多様性基本法
14 環境アセスメント:環境影響評価法(アクティブラーニング)
15 到達度確認とまとめ(持続可能な社会の構築)
履修上の注意 関連科目として、『化学関係法規』を履修することが望ましい。
準備学習(予習,復習について) ・予習として、各法規制について、参考書などの記述を読んでおくこと。
・復習は、毎回2時間程度、配布した印刷教材、課題などを整理すること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 全体を100点として評価する。
(1)小テスト(50点)
(2)小レポート(50点)
返却された課題は復習に活用してほしい。
教科書等 印刷教材を配布する。
参考書:安原昭夫著「地球の環境と化学物質」(三共出版)2500円
(※学内限定となります。)