科目名 生命環境化学実験A(Life Science and Sustainable Chemistry Laboratory A)
担当教員 南部 典稔平岡 一幸、大谷 大二郎
単位数 2
授業区分 学部_必修 実験
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 生命科学や環境化学の分野において重要な役割を果たす物理化学や環境材料について実験を通して理解する。基礎的事項に関する9テ-マの実験を行う。各種実験により得られた結果を様々な観点から検討することにより、微視的な構造や物性について考察するための手法を学ぶ。物理化学や環境材料に関連する基本的な技術を体験することによって原理の理解を深め、実務能力の向上をはかる。これらのテ-マに関する基礎的な用語と概念の理解を到達目標とする。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 ・実験テ-マの基礎的な用語と概念を説明できる。
・実験の内容を総括して報告書を作成できる。
・実験器具、装置を操作して各実験テ-マの目的を達成できる。
・化学技術者として心得ておくべき薬品管理の知識を説明できる。
授業計画  1. ガイダンス: 履修上の注意と安全について
 2. SOLUBILITY AND IONIC STRENGTH
 3. DIELECTRIC AND OPTICAL PROPERTIES OF MATTER
 4. SPECTROSCOPY: VISIBLE REGION
 5. ガスクロマトグラフィ-
 6. 臨界ミセル濃度
 7. 溶液の屈折率測定
 8. レ-ザ-による回折
 9. LC共振回路による誘電率の測定
10. 赤外分光分析による有機化合物の構造解析
11. 熱分析
12. シミュレーション実験1 (化学構造式、分子の形(電子雲)など)
13. シミュレーション実験2 (NMRスペクトル、化学シフト、物性の予測など)
14. データベースによる文献検索1 (Scifinderなどによる文献検索)
15. データベースによる文献検索2 (電子ジャーナルなどを用いた文献検索)
16. まとめと学力考査
履修上の注意 履修方法、実験の日程および採点についてはガイダンスにて詳細を説明する。ガイダンスに必ず出席すること。ガイダンスの日時は掲示を各自確認すること。なお、成績評価は、与えられたレポ-トを全て提出し、学力考査を受けた学生を対象に行う。無断欠席をした場合には単位を認定しない。
準備学習(予習,復習について) 実験前の予習は必須である。個々の実験に応じて指示する。教科書だけでなく、ノ-ト、配布プリントも見直して復習をすること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて ガイダンスにて詳細を説明する(上覧の履修上の注意を参照すること)。
教科書等 [教科書]
物理化学系実験:「生命環境化学実験A(3年次 物理化学系実験)」(バイオミメチック材料研究室、エネルギ-環境電子化学研究室 編)
環境材料系実験:「「環境材料実験」(エコプロセス研究室 編)。
(※学内限定となります。)