科目名 機器分析学(Instrumental Analysis)
担当教員 高橋 圭子比江島 俊浩
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 3
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 機器分析は食品・医薬品・環境などの分野で材料開発・製品開発・品質管理・安全管理・環境保全・基礎応用研究などの目的で必要不可欠の分析手法である。分析機器の種類は数多くあるが、本講義では、分光分析概論と、代表的な分析機器の種類、原理、測定の実際的な応用について学ぶ。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 機器の基本原理理解と技術者として適切な機器の選択ができる。 分析にはどの機器を組み合わせて選択したらよいか、さらに機器分析結果の解釈ができる。
授業計画 1. 機器分析とはー有用性と分類
2. 質量分析と元素分析
3. 分光分析の基礎
4.  吸光光度法と蛍光光度法、旋光度と二色性
5.  赤外分光分析とラマン分光分析
6.  クロマトグラフィーの基礎
7. ガスクロマトグラフィー と液体クロマトグラフィー
8. 核磁気気共鳴分析 の基礎と理論
9. 核磁気共鳴の実際(二次元、固体)
10. 表面分析 と 顕微鏡観察
11. 原子吸光分析法と電気分析化学
12. 熱分析
13.X線分析 
14. 総合解析演習
15. まとめと学力考査 
履修上の注意 分子情報および結晶構造に関する情報を得るための機器分析学であるので、無機化学、有機化学の(分子)の知識があることを前提としている。テーマは多少変更する場合がある。 
準備学習(予習,復習について) 講義内で指示する。 
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 期末テスト1回と提出課題の評価をあわせて成績とする。 
教科書等 機器分析 (エキスパート応用化学テキストシリーズ)
大谷 肇 (編著)講談社3240円
(※学内限定となります。)