科目名 電磁気学(Electromagnetics)
担当教員 平岡 一幸
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 カリキュラムにより異なります。
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 高等学校における理数系科目の履修を前提としない電磁気学の授業です。電気と磁気の基礎を学びながら、基礎学力の涵養を目標に授業を進めます。さらに、電磁気学の物質化学や化学分析への応用を学び、研究活動に役立つように具体例を挙げて解説します。基礎学力の向上のため、就職活動で重要視されるSPI試験なども教材として活用します。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11F.pdf}
到達目標 ・マクスウェルの4つの方程式式について説明ができる。
・電磁波を用いた化学分析の例を挙げ、その原理を説明できる。
授業計画 1. 電荷;平賀源内とエレキテル,フランクリンと雷
2. 電界;鍛冶屋の息子による革命
3. 電流;死んだはずの蛙が,,
4. 誘電体;そして,それは液晶テレビになった
5. 導体;プラスチックだって電気を通すぞ!白川先生にアプローチ
6. 電流と磁界;化学者が築いた磁気学
7. ベクトル解析の基礎;grad,div,rot,∇にΔ ってなに?????????
8. 電磁誘導;IH調理器の原理を知っていますか?(天才ファラデー登場)
9. 変位電流;流れたってことにしようよ。だって矛盾するんだもん!
10. 電磁波の予測;携帯電話のなぞにせまる
11. 特殊相対性理論入門;マックスウェルの予言とアインシュタインの疑問
12.電磁気学と化学分析Ⅰ(赤外分光法・紫外可視分光法);光を当てるとピタリと解る
13.電磁気学と化学分析Ⅱ(核磁気共鳴・電子スピン共鳴);原子の動きもお見通し
14.電磁気学と化学分析Ⅲ(X線回折・光散乱);みんなは整列してるかな?
15.まとめと学力考査
履修上の注意 物理を全くやって来なかったことを前提とした物理や数学の苦手な人のためのやさしい講義です。したがって前提条件はありません。
準備学習(予習,復習について) 授業計画には、話題となる内容やトピックスが書かれています。予習の際にその内容を調べてみましょう.

講義は基本的にシラバスとルーブリックに沿って行います。教科書をよく読んで、ルーブリックの準備項目を予習しましょう。

授業には専用のノートを持参して、授業中の板書・スライドを基に講義ノートを作成しなさい。試験は講義ノート(自筆)の持ち込みを許可します。

教科書、ノ-ト、ならびに配布プリント見直して復習をし、学習内容と到達度をルーブリックを用いて確認しなさい。

予習・復習でわからなかった場合は、授業後の教室や、あるいは教員の居室に来て質問してください。歓迎します。


*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 学力考査(100%)
教科書等 教科書①プリント配布, ②高校数学でわかるマクスウェル方程式」竹内淳(講談社ブルーバックス)(860円+税)、参考書①「電磁気学の基礎」斉藤幸喜(森北出版)(2200円+税)、,②「物理学の基礎(3) 電磁気学」(培風館)(2800円+税)、。
(※学内限定となります。)