科目名 建築設計製図基礎(Fundamentals of Architectural Design)
担当教員 海老澤 模奈人森田 芳朗、谷本 暁男、山本 未奈子、水間 寿明、佐藤 芳一、天野 佑亮
単位数 3
授業区分 学部_必修 演習
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連  建築の分野では、考える時にも意図を相手に伝える時にも図面を用いる。いわば一種の言語として図面を用いている。
 本科目では、建築製図の基本の理解・習得を目的とする。線・文字・数字の書き方から始まって平面図・断面図・立面図・配置図のコピーを実習する。また、模型、アクソメ等の立体的な表現方法の演習を行う。その後、習得した図面表現方法を用いてショウドローの演習を行う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 1)建築的な線、文字を描くことができる。
2)建築図面が読める。図面の描き方(作成)の手順を理解し、作図することができる。
3)もの・空間を立体的に考え、把握し、図面・模型等で表現することができる。
授業計画 1.概要、スケッチと実測
2.線の練習、建築レポート課題説明
3.文字・数字・レタリング
4.平面図1:作図手順の説明、作図
5.平面図2:作図、仕上げ
6.断面図
7.立面図
8.模型
9.配置図1:作図手順の説明、作図
10.配置図2:作図、仕上げ
11.アクソメ図1:作図手順の説明、作図/ショウドロー課題説明
12.アクソメ図2:作図、仕上げ/ショウドロー・エスキス1:コンセプトとレイアウトの確認
13.ショウドロー・エスキス2:作図
14.ショウドロー講評
15.デザインリビュー
履修上の注意 1)授業中の基本的ルールを守ること
2)多くの課題が即日提出である
準備学習(予習,復習について) 予習として、教科書の該当箇所を事前に読み、それぞれの図面の作図方法について知識を得ておくこと。
復習として、授業で習った図面作成の手順を理解し、習得するように努めること。
なお、基本的な図面演習は授業時間内に終了するが、建築レポート、模型、ショウドローの3点は宿題として仕上げることになる。授業での説明を理解し、授業時間外での作業に取り組んでほしい。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 1)各課題の評価点に時間数による重みをつけて総点100点で評価する
2)出席が講時数の2/3に満たない場合は評価しない
3)全課題提出が最終評価の条件である
教科書等 松下希和 他著「やさしく学ぶ建築製図 最新版」(エクスナレッジ、2808円)
瀬川康秀著「初学者の建築講座 建築製図 第3版」(市ヶ谷出版社、2916円)
日本建築学会編 「コンパクト建築設計資料集成」(丸善、5184円)
(※学内限定となります。)