科目名 建築構造力学IA(Mechanics of Structures IA)
担当教員 金 容徹
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 建築構造物を力学的に理解しようとするときに、身につけておくべき基本的な見方・考え方を学ぶ。力のつり合いなど静力学の基礎から、静定構造物を中心として、反力、応力の求め方を学ぶ。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 ・「力」に関する基本的な項目を理解し,力の釣合い式をたてることができる。
・静定構造物の反力を算出できる。
・構造物の安定・不安定,静定・不静定の判別ができる。
・静定構造物の応力を算出し,応力図を描くことができる。
・トラス構造物の軸力の算出ができる。
授業計画 1. 力
2. 力のモーメント
3. 力のつり合い
4. 合力の大きさと向き
5. 支点と支点反力
6. 安定・不安定と静定・不静定
7. 架構反力の求め方(1):単純梁
8. 架構反力の求め方(2):片持ち梁,静定ラーメン
9. 静定梁の応力と応力図(1):単純梁
10. 静定梁の応力と応力図(2):片持ち梁
11. 静定ラーメンの応力と応力図(1):集中荷重
12. 静定ラーメンの応力と応力図(2):分布荷重
13. 静定トラスの軸力:節点法
14. 静定トラスの軸力:切断法
15. 前期講義内容の総復習
履修上の注意 建築構造力学演習IAを同時に履修すること。
準備学習(予習,復習について) この教科は極めて訓練性の高いものの一つであるから、演習問題を繰り返し復習しておくこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 定期試験により評価する。定期試験は電卓と筆記用具以外は持ち込み不可で行う。
教科書等 参考書:
〈テキスト〉建築構造力学 I
?阪口理・須賀好富・窪田敏行編著
?B5・160頁・2800円+税
?ISBN4-7615-2052-3
(※学内限定となります。)