科目名 建築構造力学演習IB(Mechanics of Structures Seminar IB)
担当教員 吉田 昭仁
単位数 1
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 建築構造力学IBの講義内容を確実に身につけることを目的として、その講義内容に即した演習課題を解く。静定構造物を対象として、断面1次モーメント、図心、断面2次モーメント、断面係数、断面2次半径などの断面の性質や軸応力度・せん断応力度・曲げ応力度などの断面内の応力の分布、許容応力度設計法、仮想仕事の原理による片持ち梁、単純梁およびトラス構造物の変形問題や弾性座屈荷重を算出する練習問題を解くなど、学習内容の習得のため実際に自分で手を動かしてに与えられた問題を解く訓練を行う。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 断面1次モーメント,断面2次モーメント,断面係数などの断面の性質について理解し、その結果,許容応力度設計に基づいた,静定構造物の安全性について説明できる。
授業計画 1. 建築構造力学IAの復習問題
2. 断面の性質:断面1次モーメント
3. 断面の性質:断面2次モーメント
4. 断面の性質:断面係数,断面2次半径
5. 応力度(1):軸応力度,せん断応力度
6. 応力度(2):曲げ応力度
7. 曲げ応力度分布
8. せん断応力度分布
9. 許容応力度設計
10. ひずみとひずみ度
11. 仮想仕事法:単純梁のたわみ
12. 仮想仕事法:単純梁のたわみ角
13. 仮想仕事法:トラス構造物のたわみ
14. 座屈
15. 総復習問題
履修上の注意 原則として建築構造力学IBを併せて履修すること。
準備学習(予習,復習について) 予習として,授業開始前に参考書を一通り目を通しておくこと。
また,講義の内容に沿った問題(問題集およびレポート)を各自で繰り返し(講義の復習とあわせて90分程度)行うこと。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 毎回の演習提出物で評価する。演習の提出物は採点後フィードバックする。
教科書等 演習で解く問題およびその解答は講義の際に配布する。
(※学内限定となります。)