科目名 建築情報処理I(Information Processing in Architecture I)
担当教員 森谷 靖彦
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
将来建築技術者として必要となる,コンピュータおよび建築系アプリケーションソフトウェアに関する基礎知識を学ぶ。併せて,企業活動に関する基礎的な概念や,建設プロジェクトに関する各種マネジメント手法の基礎的な知識を身につけることを目的とする。
【授業概要】
一般的な情報処理に関する内容に加え,建築業務における情報の利活用状況を紹介すると共に,それらの基礎となる知識や考え方,処理方法を講義する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 ・建築と情報処理に関わる基礎知識を理解し,説明することができる。
・建築業務で利用される各種アプリケーションソフトウェアの基本概念を理解し,説明することができる。
・建築CADの基本概念や利用方法を理解し,説明することができる。
・建設業界の構造と企業経営の基本的なしくみを理解し,説明することができる。
授業計画 1.建築と情報処理の基礎知識
2.コンピュータと建築系アプリケーションソフトウェア
3.建築設計業務におけるインターネットの活用
4.建築設計業務で行われるデータ処理
5.建築設計業務と文章表現
6.建築設計業務と表計算およびデータベース
7.建築設計業務とプレゼンテーション
8.建築CADによるデザイン
9.建築CADによる設計製図
10.ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)
11.BIMとシミュレーションソフトウェア
12.BIMとプレゼンテーションソフトウェア
13.BIMとファシリティマネジメント(FM)
14.建設業界の企業会計と財務
15.建設業界のビジネスモデルと知的財産
履修上の注意 実際にコンピュータを操作しながら学習を進める「建築情報処理Ⅰ演習」を同時に履修すること。また,2年次の「建築設計製図Ⅱ」および「デザインシミュレーション」,3年次の「建築情報処理Ⅱ」の受講には,本講義の履修を推奨する。
PC演習室では、主に次のソフトウェアを使用する。
・Microsoft Office(Word,Excel,Powerpoint)
・CAD(AutoCAD,SketchUp,JW_CAD)
・BIM(Revit,Vectorworks+SimTread)
準備学習(予習,復習について) 予習は,毎回2時間程度をかけて,教科書の次回該当部分に目を通しておくこと。
復習は,毎回2時間程度をかけて,教科書および授業時に配布するプリント教材と自分の講義ノートを読み返し、知識の整理とまとめをすること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 成績評価対象と基準】
全体を100点として,評価する。
(1)講義時の課題提出(50点)
(2)定期試験(50点)
ただし,出席が2/3に満たない場合は,成績評価を行わない。
【試験方法】
定期試験は,教科書および授業時に配布するプリント教材の内容から出題する。
定期試験時,教科書の持込みは可能だが,プリント教材や自分の講義ノートは持込不可とする。
【課題に対するフィードバック】
授業時に随時行う。
教科書等 教科書:BIMその進化と活用(日刊建設通信新聞社)2,600円+税
この他,必要な資料はプリント教材として適宜配布する。
(※学内限定となります。)