科目名 建築情報処理I演習(Information Processing in Architecture I Seminar)
担当教員 森谷 靖彦
単位数 1
授業区分 学部_選択(専門教育) 演習
年次配当 1
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
建築の各種業務で必要となる,コンピュータや建築系アプリケーションソフトウェアの基本的な利用技術を学び,建築に関わる様々な情報の取得や加工,伝達ができる技術を身につけることを目的とする。
【授業概要】
建築技術者として必須となる建築CADの操作方法や,資料の作成方法,プレゼンテーションスキルなどの基本技術を身につけることをめざし,演習をおこなう。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 ・建築業務で発生する様々な情報を整理し,コンピュータを利用してデータの加工や分析を行うことができる。
・建築業務で利用される各種アプリケーションソフトウェアの基本的な概念や操作方法を理解し,利用することができる。
・建築CADソフトウェア(2次元および3次元)の基本的な概念や操作方法を理解し,利用することができる。
・建築業界をはじめとする企業経営の基本的なしくみを理解し,財務諸表の読み方などについて基本的な知識を身に付ける。
授業計画 1.コンピュータの基本操作演習
2.建築系アプリケーションソフトウェアの基本操作演習
3.建築関連情報の検索と取得(インターネットの利用)
4.建築関連データの加工と分析(建築統計資料の活用)
5.建築プレゼンテーション資料の作成(Word)
6.建築プレゼンテーション資料の作成(Excel)
7.建築プレゼンテーション資料の作成と発表(PowerPoint)
8.建築CADの操作演習(SketchUp)
9.建築CADの操作演習(AutoCAD)
10.BIMの操作演習(Revit)
11.BIMの操作演習(VectorWorks)
12.BIMを利用したプレゼンテーション(資料作成)
13.BIMを利用したプレゼンテーション(発表演習)
14.経営シミュレーション(ビジネスゲーム)
15.建築と情報処理に関する総括(レポート作成)
履修上の注意 建築と情報処理技術の基本概念を学習する「建築情報処理Ⅰ」を同時に履修すること。また,2年次の「建築設計製図Ⅱ」および「デザインシミュレーション」,3年次の「建築情報処理Ⅱ」の受講には,本演習の履修を推奨する。
PC演習室では、主に次のソフトウェアを使用する。
・Microsoft Office(Word,Excel,Powerpoint)
・CAD(AutoCAD,SketchUp,JW_CAD)
・BIM(Revit,Vectorworks+SimTread)
準備学習(予習,復習について) コンピュータ操作の習得には,多くの時間が必要である。PC演習室の自習時間等を利用し,演習内容の予習・復習をそれぞれ1時間程度行うこと。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 【成績評価対象と基準】
授業時の演習課題提出により,全体を100点として評価する。
ただし,出席が2/3に満たない場合は,成績評価を行わない。
【試験方法】
演習授業のため,定期試験は実施しない。
授業時に毎回演習課題を課し、その提出内容により評価を行う。
【課題に対するフィードバック】
授業時に随時行う。
教科書等 必要な資料は,プリント教材として適宜配布する。
(※学内限定となります。)