科目名 建築計画I(Principles of Architectural Planning I)
担当教員 八尾 廣
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業の目的】
「建築計画」は多様に発展しているが、その中心は「人間や社会の要求をふまえ」て建築を構想すること、またそのための「目標や法則を導く」ための方法論である。
 建築計画Iでは「住まいの計画」を中心に建築計画の考え方や成果を紹介し、基礎的な方法論と専門知識の習得を目指す。
【授業の概要】 
各回の講義は、設定したテーマに関する教科書の該当部分に沿い、関連事項や事例を追加しながら行う。建築計画の講義は、空間を具体化する建築設計製図と連携するよう配慮している。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf 
到達目標 「建築計画」という学問の思考方法を理解し、建築設計にまつわる複雑な与条件を様々な要素として分析し論理的に検討する計画学的思考の初歩段階を実践できる。
・人と建築との関係について理解し、幼稚園、学校施設、住宅といった比較的身近な建築の計画上の要点を身につけ、これらの施設計画の実践に生かすことができる。
授業計画 1.ガイダンス~建築計画とは何か~(1.1-1.2)
2.人体と寸法1(4.1、4.9.3)(寸法に関する基礎知識)
3.人体と寸法2(4.2-4.3)(身の回りの寸法に関する演習)
4.スケールに関する基礎(4.3)
5.学校施設1:幼稚園(3.4)(計画の基礎)
6.学校施設2:幼稚園(3.4)(実践的設計手法の紹介)
7.学校施設3:その他(3.5)(学校施設の計画の基礎)
8.学校施設4:地域との連携(3.10)(諸事例の解説)
9.建築計画と設計(1.3-1.5、4.8-4.9)
10.住まいの計画1(1.3、1.5)(住まいの設計に関する基礎的事項)
11.住まいの計画2(2.1、2.2)(日本の住まいの近代化について)
12.住まいの計画3(2.3)(住まいの計画に関する理論)
13.住まいの計画4(2.4)(住まいとコミュニティー)
14.住まいの計画5(2.5)(諸事例の解説)
15.総括
※( )内は教科書「建築計画」の該当する章・節を示す
履修上の注意 1)授業中の基本的ルールを守ること
2)授業中の履修態度により調整点あり
 加点/講義中の発表・質問
 減点/大幅な遅刻、理由なき退出、私語
   (周囲の人も含まれる)
準備学習(予習,復習について) )予習:教科書の該当部分を講義ごとに事前に読んでおくこと
2)復習:授業で紹介した建築作品などの事例について、図面・写真を図書館にて調べ、できれば実物を見学する。
各回の予習・復習には90分~120分の時間がかかると予想される。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 授業時の小テスト又は小レポート(15%)及び試験(85%)の結果を基準とし、出席状況も含め総合的に評価を行う 。
教科書等 「建築計画」長澤泰 編著市ヶ谷出版社3360円
「第3版コンパクト建築設計資料集成」日本建築学会 編丸善5040円
■参考書(指定図書)
「第2版コンパクト建築設計資料集成[住居]」日本建築学会 編丸善6510円
※その他、必要な資料を授業中に配布する。
(※学内限定となります。)