科目名 建築設計製図II(Architectural Design II)
担当教員 八尾 廣鍛 佳代子、津野 恵美子、藤井 伸介、森谷 靖彦、平井 りか、江藤 久美子
単位数 3
授業区分 学部_必修 演習
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 【授業目的】
1)設計演習
幼稚園の設計をとおして、人の行為と建築空間の関係、建築と街との関係等を考慮しながら、心地よい居場所としての建築空間の設計手法の習得を目的とする。
2)CAAD演習
PC演習室においてCAAD(Computer aided Architectural Design)教育の基礎を行う。

【授業概要】
2クラスに分け、設計演習とCAAD演習を交互に実施する。
1)設計演習
幼稚園という要求される複数の機能を擁する施設の機能を理解し、諸機能の配置を計画する。建築の諸機能を適切に配置して使いやすい建築を計画するという初期条件を満たしつつ、その中に気持ちの良い空間を構想・具体化し、分かりやすく表現するための訓練を行う。
2)CAAD演習
AutoCADを用いた基礎演習(3週)とRevitを用いて、課題の建築をCADで表現し、空間把握する課題(4週)を行い、建築図面の読込技術の学習とともに、CAD利用技術の手ほどきとその可能性の理解、あわせて立体感覚、3次元把握力の向上を目指す。 

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf 
到達目標 1)設計課題
・幼稚園の機能や空間構成、地域との関係、人と建築空間の密接な関係を読み取り、理解しながら、人が心地よく過ごすための空間を設計案として具体化し、図面や模型、プレゼンテーションで人に伝えることができる
・楽しく心地よいと人に思ってもらえる建築空間をデザインし、設計案としてまとめることができる
2)CAAD演習
・図面における線による記述ではなく、(構成)要素とその組み合わせで表現するCADの記述方法やCAD的見方と思考方法を理解し,活用できる
・モデリング作業を通じて、建築を3次元的に把握し、3次元で思考する方法を理解し、活用できる
授業計画 1)設計演習
1.出題、幼稚園見学及び実測演習(見学は初回に2クラス合同で行う)
2.レポート提出・講評、エスキースチェック1(構想)
3.エスキースチェック2(配置、平面計画)
4.エスキースチェック3(平面計画、断面計画)
5.中間提出・講評
6.エスキースチェック4(総合・プレゼンテーション)
7.提出・講評

2)CAAD演習
8.AutoCADを用いた基礎演習(画層・オブジェクトの作成)
9.AutoCADを用いた基礎演習(オブジェクトの修正)
10.AutoCADを用いた基礎演習(復習課題演習)、モデリング建物の説明とレポート
11.Revitを用いたモデリング演習(通り芯作成~壁開口部)
12.Revitを用いたモデリング演習(床~詳細部分)
13.Revitを用いたモデリング演習(テクスチャの設定、レンダリング、ウォークスルー)
14.Revitを用いたモデリング演習(プレゼン資料の作成・提出・講評)

15.デザインリビュー

上記はA1クラスの場合。A2クラスは設計演習とCAAD演習の順番を入れ替える
履修上の注意 ○ 共通:
提出期限を守ること

1)設計演習
1. 建築設計には相応の思考量がなければ良い建築は計画できない。授業のエスキス前には設計案を考えるための時間を確保し、自分の考えをスケッチ、模型等により形にしてくることが重要である。
2. 参考資料であるコンパクト設計資料集成の中にある事例、授業課題で調べた事例の図面を参考として、細かい設計の仕方を自ら学ぶことも重要である。

2)CAAD演習:
1.学習マニュアルは用意するが、理解には画面表示を加えた説明が有効である。 授業のはじめに説明とデモ表示を行うので、遅刻をしないこと
2.授業時間中に遅刻者に対する個別のケアーや欠席した学生に対する個別対応は不可能である。遅れは友人達と自習して補うこと
3.対象建物の解説と図面の読み方の説明・演習を授業時間内で行うので、出席が必須である。

備考:CAAD演習
1.1年次後期の建築情報処理1と同演習を履修したレベルの知識と技術の習得を前提にして授業を行う
2.時間的制約から基礎課程のみであり、意欲のある学生は2年次後期のデザインシミュレーションを履修し、利用技術を高めることが望ましい
使用ソフト:
CAD(AutoCAD)
BIM(Autodesk Revit)
プレゼンテーション(Microsoft Word,Excel,Powerpoint)
準備学習(予習,復習について) 1)設計課題
設計演習のエスキースは予習として行い、スケッチ・図面・模型を用意して授業に望むこと。授業時間中はそのチェックを行い、議論をとおして理解を深め、フィードバックする

※設計製図科目は自宅で設計してくることが大前提である。各回の予習・復習には最低でも120分~180分の時間がかかると予想される。必ずしも時間をかければ良い案が浮かぶものではないが、敷地模型の製作に始まり、ボリュームの検討、イメージスケッチのドローイングなどの設計の実作業を積み重ねなければ、優れた設計案は生まれるはずもないことを理解して取り組むこと。

2)CAAD演習
1.準備学習として、配布された教科書「建築CAD学習マニュアル」やモデリング用の図面を読み込んでおくこと。
2.復習として、学んだスキルが定着するような自習をすること
3.課題の進行状況によっては、作業を時間外に行うことが必要になる場合がある

※各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照すること。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっているので、目安にすること。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 1)設計演習、CAAD演習それぞれ50点満点とし、合計点で評価する
2)設計演習は成果物と講評におけるプレゼンテーションを評価する
3)CAAD演習は提出課題の評価(80%)と課題への取り組み(20%)を総合して50点満点とする
4)出席が2/3に満たない場合は単位認定しない 

課題に対するフードバックは授業時に随時行う
教科書等 参考書:日本建築学会編 「コンパクト建築設計資料集成」 丸善 4800円(本体)

CAAD演習
教科書 「建築CAD学習マニュアル」1502円(本体)

その他、必要な図面・資料は適宜配布する
(※学内限定となります。)