科目名 建築設計製図III(Architectural Design III)
担当教員 森田 芳朗市原 出、津野 恵美子、藤井 伸介、水間 寿明、平井 りか、東出 明、天野 佑亮
単位数 3
授業区分 学部_必修 演習
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 第1課題/住宅
我々にとって最も身近な建築である住宅を設計する。今日の住宅の機能や構成を理解し、今日のそして近い将来の住生活にふさわしい住宅のあり方を考え、具体的な形、空間としてそれをデザインし、表現する。
第2課題/都市の展示施設
都市の展示施設を設計する。中高層建築を設計する際の基礎であるコアと構造のあり方とそれによって得られる自由な平面を理解し、また、周辺環境との関係を熟慮し、今日のそして近い将来の展示空間にふさわしい都市施設を考える。それらを具体的な形、空間としてそれをデザインし、表現する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 1.家族形態や敷地や構造等の諸条件を整理し、それらにふさわしい生活空間の提案を行い、それらを実現する住宅を設計できる
2.床を積層する建築のあり方を理解し、都市施設としての展示空間を設計できる
授業計画 1. 第1課題/出題・ディスカッション
2. レポート提出・エスキースチェック1
3. エスキースチェック2
4. エスキースチェック3
5. 中間提出・エスキースチェック4
6. エスキースチェック5・第2課題出題
7. 第1課題提出・講評
8. エスキースチェック1 
9. レポート提出・エスキースチェック2
10.エスキースチェック3
11.エスキースチェック4
12.中間提出・エスキースチェック5
13.エスキースチェック6
14.第2課題提出・講評
15.後期全体講評会
履修上の注意 1)提出期限を守ること。遅れ提出は大幅な減点となる
2)授業中の基本的ルールを守ること
3)演習科目であるが、授業はエスキースの個別チェックが中心で、チェックを受けられるエスキースを準備してくることが必須
準備学習(予習,復習について) 4)設計に必要な資料を収集する
5)エスキースチェックの内容を理解し、設計案を修正する
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 各課題毎にレポートの評価点×0.05、作品の評価点×0.45の重み付けとし、各課題50点、合計100点で評価する。
教科書等 教科書
日本建築学会編、「第3版コンパクト建築設計資料集成」、丸善、5,040円
参考書(指定図書)
日本建築学会編、「第2版コンパクト建築設計資料集成[住居]」、丸善、6510円
(※学内限定となります。)