科目名 建築構法I(Building Construction System I)
担当教員 森田 芳朗
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 建築の構造・計画・設備・材料を統合的に理解するための前段階として、建築物の基本的な構成を総合的に把握する。Ⅱに先立ちⅠでは、建物躯体の構法について、教科書を用いて講義する。

<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 建築の構造・計画・設備・材料を統合的に理解するための前段階として、建物躯体の構法を総合的に説明できる。
授業計画 1. 導入: 建築構法とは/建築物の構造方式
2. 荷重・外力
3. 木造①: 材料と構造/軸組と基礎(在来構法)
4. 木造②: 小屋組/床組(在来構法)
5. 木造③: 部材の接合法/部材の選定(在来構法)
6. 木造④: 耐力壁・筋かい/施工(在来構法)
7. 木造⑤: ツーバイフォー構法/大断面集成材構法
8. 鉄骨造①: 材料と構造/施工と接合方法
9. 鉄骨造②: 軸組構法
10. 鉄骨造③: トラス構法/軽量形鋼による構法/鋼管による構法
11. 鉄筋コンクリート造①: 材料と構造
12. 鉄筋コンクリート造②: ラーメン
13. 鉄筋コンクリート造③: 壁式構造/プレキャストコンクリート造
14. 組積造/プレストレストコンクリート造/鉄骨鉄筋コンクリート造
15. まとめ
履修上の注意 特になし。
準備学習(予習,復習について) 教科書の指定箇所を毎回事前によく読んでくること。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 以下の配点により、100点満点で評価する。
・テスト:100点(持ち込み不可) 
教科書等 教科書:『建築構法』内田祥哉・大野隆司他著(市ヶ谷出版社)定価3,000円
参考書:『構造用教材』日本建築学会(丸善)定価1,900円 
(※学内限定となります。)