科目名 建築構造力学II(Mechanics of Structures II)
担当教員 松井 正宏
単位数 2
授業区分 学部_必修 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 前期
授業概要・学習成果との関連 柱や梁のような細長い部材によって構成される建築物を対象として、フレーム応力および変形の解析手法を解説する。現在では計算機による解析が主流となっているが、その基礎となる「たわみ角法」の原理を中心的に取扱い、力の流れや変形の様子がイメージできる能力を身につける。さらに実用計算法である固定モーメント法、D値法についても計算方法を身につける。


<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 不静定梁の解法の概念を理解し,実用計算法により応力図を作成できる。
また,建築物における荷重の概念を理解し,建築条件から荷重の設定ができる。
授業計画 1. 梁の変形
2. 不静定梁と変形の境界条件
3. 重ね合わせの原理
4. たわみ角法(1) 公式の導出
5. たわみ角法(2) 節点方程式
6. たわみ角法(3) 層方程式
7. 固定モーメント法(1) 基本事項
8. 固定モーメント法(2) 応力図の作成
9. 建築物に作用する鉛直荷重 固定荷重、積載荷重
10. 建築物に作用する水平荷重 地震荷重
11. 建築物に作用する水平荷重 風荷重
12. D値法
13. 層間変形角、偏心
14. 保有水平耐力
15. 構造設計のながれ
履修上の注意 建築構造力学演習IIも併せて履修することが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 授業開始前に参考書を一通り目を通しておき、予習とする。
併設される演習を履修し、その内容を繰り返し反復し復習とする。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 定期試験による。
教科書等 参考書:
1) 「建築構造力学 II 不静定構造力学を学ぶ」坂田弘安 島崎和司 著 学芸出版社 3150円
2) 「図説不静定力学と構造計算入門」 早川静 浜田直樹著 東洋書店 2310円
(※学内限定となります。)