科目名 建築構造I(Structural Systems I)
担当教員 金 容徹
単位数 2
授業区分 学部_選択(専門教育) 講義
年次配当 2
開講年度学期 2018年度 後期
授業概要・学習成果との関連 鉄筋コンクリート造建築物の設計理論と設計手法を解説する。コンクリートと鋼材という性質が異なる2種類の材料を組合せた鉄筋コンクリート構造は設計法にも特徴がある。はじめに梁の設計を通して基本的な考え方を紹介し、後半は部位別に具体的な設計の手順を紹介する。


<学習成果との関連>
下のリンクから、この科目についての「ディプロマポリシーにもとづく学習成果との関連」を見て、どのような力が身に付けられるかを確認してください。
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum/cm_11C.pdf}
到達目標 鉄筋コンクリート構造物の力学的性質と,断面設計理論を説明できる。
授業計画 1.鉄筋コンクリート構造概説1  歴史、工法、材料
2.鉄筋コンクリート構造概説2  断面設計の基本仮定
3.はりの設計 概要
4.はりの曲げに対する設計 概要
5.はりの曲げに対する設計法
6.はりのせん断力に対する設計 概要
7.はりのせん断力に対する設計法
8.床の設計
9.柱の軸力と曲げに対する設計 概要
10.柱の軸力と曲げに対する設計法
11.柱のせん断設計法
12.耐震壁
13.基礎
14.付着, 継ぎ手, 定着
15.授業まとめ
履修上の注意 建築構造演習Iも併せて履修することが望ましい。
準備学習(予習,復習について) 授業前に教科書に一通り目を通しておくことで予習とする。
授業後は、併設される演習で課される問題を解きその内容を確認し復習する。
訓練生の高い科目ですので, 演習時間で解いた問題と類似の問題を繰り返して解き復習とする。

*各回の準備学習の具体的な内容は、「ルーブリックへのリンク」からルーブリックを参照してください。準備学習は1項目あたり15~30分の学習内容になっていますので、目安にしてください。
成績評価方法,試験方法及び課題(試験やレポート等)に対するフィードバックについて 定期試験による。
教科書等 ・ RC規準による鉄筋コンクリートの構造設計[改訂版], 佐藤荒木 他2人, 鹿島出版会
・ 鉄筋コンクリート構造計算基準・同解説 2010, 日本建築学会, 日本建築学会
(※学内限定となります。)